激変する社会に、最適なを。ウィズコロナ/アフターコロナ時代の不動産戦略

  • テレワークでも
    集中して仕事ができる
    スペースを作りたい
  • 社員寮をシェア型から
    個室型に変えたい
  • 遊休地を
    時代のニーズに
    合った形で、活用したい
  • 社会の変化に合わせて
    業態の見直しがしたい
  • 動線やゾーニングを
    工夫して、施設の
    BCP対策を行いたい

新型コロナウイルスの影響による、
世界的な社会システムの変容。
お客様のお悩み・ご要望も、刻一刻と変わり続けています。
そのひとつひとつに積水ハウスは、
グループの総合力と「住」のプロとして積み重ねてきた
豊富な技術やノウハウを活かして「解」を導き出します。

お客様に寄り添うパートナーとして
私たちは不動産の未知なる可能性を
追求してまいります。

住まいに「働ける環境」を整えたい
  • 各住戸に、働きやすい在宅ワークスペースを確保
  • 住まいに「働ける環境」を整えたい(イメージ)住まいに「働ける環境」を整えたい(イメージ)
  • 住まいに「働ける環境」を整えたい(イメージ)住まいに「働ける環境」を整えたい(イメージ)
  • 住まいに「働ける環境」を整えたい(イメージ)住まいに「働ける環境」を整えたい(イメージ)

積水ハウスでは、テレワークに関する研究・実例も豊富に有しております。

時代の潮流に合った寮や社宅にしたい
  • 寮・社宅を、集合型から分散型やユニット型
  • 感染リスク軽減を図りながら、共有で使用できるテレワークスペースも設置

※住戸を「共用スペース+10戸前後の住戸」ごとに区切ったプラン

保有不動産の活用をしたい
  • 遊休地を売却して、手元資金を確保
  • 遊休地に、確実な収益が見込める賃貸住宅、医療介護・
    商業施設を

積水ハウスグループの力で安定経営をサポート

グループ会社の積水ハウス不動産による賃貸住宅の「一括借上システム」のご提案も可能です。
安定した家賃収入を確保し、賃貸住宅経営のリスクと手間を軽減します。

※借上期間は条件により10年、20年、30年に設定できます。

※一括借上システムの適用には一定の基準があります。
また、地域によりご利用いただけない場合がありますのでご了承ください。

事業活動の見直しをしたい
  • 飲食店や小売店から、賃貸住宅やテナントビルに建て
    替え・事業転換
施設のBCP対策をしたい
  • 動線分離や換気計画によりリスク軽減
  • 感染予防から万一の災害発生時までを想定した幅広いBCP対応

積水ハウスでは長年培ってきた
技術力・グループ力で、
最適なソリューションをご提案します。

お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせはこちらから

WEBによるオンライン相談も
可能です。

お問い合わせの際に「オンライン相談」をご希望の旨を
ご記載ください。