住生活研究所ってなにをするところ?

今後迎える「人生100年時代」には、暮らしにおける「幸せ」のさらなる追求が重要と考え、時間軸を意識した「住めば住むほど幸せ住まい」研究に取り組んでいます。

これからの住まいが提供する「幸せ」は、「健康」「家族のつながり」のほか、「私らしさ」「生きがい」「楽しさ」「役立ち」などの「幸福感」を醸成し、家族やライフスタイルの多様な変化に対応することが大切と考え、「幸せ」のノウハウを科学的・理論的に明らかにしていきます。

住まいが提供する「幸せ」

幸せ研究3つのテーマ

ライフスタイルの写真
ライフスタイル
インテリア、ペット共生、睡眠空間、趣味など、 ライフスタイル視点での幸せ住まいを研究
ライフステージの写真
ライフステージ

子育て、シニア、多世帯など多様なファミリーの暮らし、家事のユニバーサルデザインや収納、ワークスタイルなどライフステージ視点での幸せ住まいを研究

ライフリサーチの写真
ライフリサーチ
家族とのつながり、健康、学びや生活の調査や共創研究、産官学活動などを通じて幸せ住まいを研究

住生活研究所 所長メッセージ

住まいづくりにおいて、暮らし始めてからの日々やライフスタイルの変化などを考えることはとても大切です。積水ハウスは「人生100年時代」を見据え、時間軸を意識した住まいづくりの重要性にあらためて注目。2018年8月、新たに「住生活研究所」を発足させ、「住めば住むほど幸せ住まい」のノウハウを科学的・理論的に明らかにし、その仕掛けづくりを具体的に提案しています。

住生活研究所長 河崎 由美子

住生活研究所長 河崎 由美子

1987年入社。高校入学までの12年間を海外で過ごした経験や子育て経験などを生かし、総合住宅研究所でキッズデザイン、ペット共生、収納、食空間など、日々の生活に密着した分野の研究開発全般に携わる。2018年8月から現職。一級建築士。

施設のご紹介

体験施設

さまざまなワークショッププログラムや体験を通じて、新しい暮らしをお客さまと共に発見していく研究・共創拠点。カフェでくつろぎながら、住まいに関する情報に触れて楽しむ。

総合住宅研究所併設の体験学習工房。「だれもがいつも快適な暮らし」のベースとなる研究成果を具体的に体験・納得。

耐震のメカニズムや快適空間の理由など、難しい技術もわかりやすく体験・納得。全国の工場併設でライン見学も見どころ。(関西を除く。)

研究組織

住宅の基本性能の検証や評価をはじめ、構法の研究開発、ユニバーサルデザインや環境技術の研究など、いつまでも快適・安心に暮らせる研究開発に取り組んでいます。