ZEB・ZEH-M建築で可能な環境配慮

企業価値・不動産価値の向上に寄与するゼロ・エネルギー建築

ZEB(ゼブ)・ZEH-M(ゼッチマンション)とは、断熱性の向上や省エネ設備の導入などで大幅な省エネルギーを実現した上で、太陽光発電等によってエネルギーを創り、年間に消費するエネルギー量がおおむねゼロになる環境配慮型の建築物です。
近年注目を集めるESG投資※において、企業の環境配慮活動に対する評価がされており、ZEBやZEH-Mなどの環境配慮型の不動産が、投資家などから高い評価を受けることで企業価値や不動産価値の向上に寄与します。

※環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の頭文字を取ったもの。今日、企業の中長期的な成長のためには、ESGが示す三つの視点が必要であるという考え方が世界的に広まっており、企業の株主である機関投資家の間で急速に広まっています。

『ZEB(ゼブ)』・『ZEH-M(ゼッチマンション)』導入による4つのメリット

光熱費の低減

エネルギー使用量の削減は光熱費の抑制に繋がります。

※光熱費の低減量については、建物の用途や使用状況によって異なります。

快適空間の実現

涼しさや温かさといった快適性を省エネに寄与しながらも得られ、建物の評価に繋がります。

資産価値の維持、安定運用の確保

施設事業者が安定して事業を継続できることは、資産運用計画の安定に繋がります。
また将来的にZEBやZEH-Mが標準的な仕様になった時でも、設備面で見劣りすることを防ぐことになります。

事業継続計画(BCP)への貢献

省エネと創エネ・蓄電池などを組み合わせることで訴求力のある非常時対応の提案が可能です。

政府は、エネルギー基本計画やバリ協定における温室効果ガスの削減目標の達成に向けて、 ZEB、ZEH-M、ZEHの実現・普及を推進しています。ZEB、ZEH-M、ZEH導入には国の補助を受けられる場合がございます。

ZEB・ZEH-Mの導入事例

ZEB積和建設東北株式会社 新社屋

宮城県仙台市に、東北で初となる「Nearly ZEB」基準を満たす事務所ビル「積和建設東北株式会社 新社屋」(一次エネルギー消費量77%削減)を竣工。当社は戸建て住宅のZEH、共同住宅(賃貸住宅、分譲マンションなど)のZEH-Mの普及に加え、今までのZEHのノウハウと高品質・短工期を実現する工業化住宅の強みを生かしZEBの推進にも取り組んでまいります。

積和建設東北株式会社 新社屋

ZEH-MZEH21(石川県金沢市)

日本初となる賃貸マンションでのZEH-Mを実現。賃貸住宅では全13戸。すべての住居で高断熱複層ガラスを採用する等、高い断熱性能を確保しながら、高効率エアコン、高効率ヒートポンプ給湯機、節湯水栓、LED照明等の「省エネ」設備を採用することでエネルギー消費量を最大限に削減しました。

ZEH21(石川県金沢市)