のんびり過ごす平屋の住まい(大分県 M様邸)

  • 戸建

平屋ならではの、水平方向へと広がるのびやかな空間に、自然の光と風が満ちていく。
季節ごと、一日の時間ごとに違った居心地を楽しめ、ゆるやかな時間の流れる住まいです。​

平屋ならではの、水平方向へと広がるのびやかな空間に、自然の光と風が満ちていく。 季節ごと、一日の時間ごとに違った居心地を楽しめ、ゆるやかな時間の流れる住まいです。​

思わずくつろぎたくなる前庭の佇まい

思わずくつろぎたくなる前庭の佇まい

「生まれ育った家は35坪くらいで庭は無くて。庭にはずっと憧れがありました。」とご主人。また、ご実家は3階建てだったことから平屋への憧れも強く、広い土地をお探しだったそうです。そんな思いからスタートしたM様邸は、前庭からして贅沢な広さ。砂利敷きをベースに、植栽が美しい点景となるよう配された空間は、まるで余白を活かした絵画のようです。アプローチからの眺めに、木々や花の色彩が目に心地よく映り、家の中に入る前に思わずここでくつろぎたくなる。そんな前庭の佇まいに、室内への期待も高まります。

限られた量の植栽を、目線の位置や動きを考えて配植。周辺環境の緑も借景として取り込むことで、緑量豊かな空間になっています。​

限られた量の植栽を、目線の位置や動きを考えて配植。周辺環境の緑も借景として取り込むことで、緑量豊かな空間になっています。​

色彩のアクセント

砂利敷きの空間に四季の彩りを添える植栽の数々。

砂利敷きの空間に四季の彩りを添える植栽の数々。

リビングからの前庭の眺め。休日は庭に出てバーベキューをすることも。

自然とつながる空間ならではの「日替わりの居心地」

M様はご夫婦そろってアウトドア派。家づくりを始めるにあたっても、「自然を近くに感じられる暮らしがしたい」というのが共通の想いとしてあり、海や山の見えるところで土地探しをされていたそうです。この場所に建てることになった決め手も「遠くに森や山を眺められるから」とご主人。新居では静かな暮らしをしたいと思っていた奥さまも「毎日、この眺めに癒されながら穏やかに過ごせています」と仰います。


あまり部屋にこもらず、リビング・ダイニングで過ごすことが多いご夫婦。「自分で心地いい居場所をみつけて、そこでくつろぐのが好きなんです」とご主人。自然と一体感のある空間だからこそ、日当たりや風の抜けはそのときどきで変わります。その「日替わりの居心地」をご夫婦は満喫されているようです。

自然の光と風を感じていると心なしか時間がゆっくり流れ始めます。

リビングからの前庭の眺め。休日は庭に出てバーベキューをすることも。

時間の流れもゆるやかに

自然の光と風を感じていると心なしか時間がゆっくり流れ始めます。

山並みを眺めながら愛犬と過ごす贅沢な時間

山並みを眺めながら愛犬と過ごす贅沢な時間

北を臨む縁側も、ご夫婦のお気に入りの居場所です。愛犬のころすけ君も、ここに出ると大はしゃぎ。ドッグランさながら庭を駆け回ります。雨の日は雨の日で、軒の雨だれを眺めたり、軒下の雨落ちに響く雨音を楽しむというご夫婦。「ぼんやりと木を見上げたり、遠くの山並みや夕焼けを眺めたり。そんな何気ない時間が、この家にいるととても贅沢に思えます」とご主人は仰います。

たそがれ時の佇まい

夕方も、日が沈んだあとも、その時間帯ごとの美しさが感じられます。

PLANNER’S MESSAGE

「囲い過ぎず作りこみ過ぎず」を念頭において計画しました

平屋でのびのびと暮らしたいという施主様の気持ちを大切に、周辺との境界はなるべく植栽でやわらかく区切ることで、敷地内の開放感を損ねないよう配慮しました。庭は作りこみ過ぎず「余白」の部分も残しています。これから先、施主様の好きなお庭に育てていってもらえると幸いです。


大分支店 尾崎孝也

物件データ

所在地 所在地:大分県
階数 1階
構造 木造(シャーウッド)
商品名 里楽
敷地面積 588.923m²
延床面積 120.00m²
設計 大分支店
施工 積和建設九州株式会社