本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

積水ハウスについて積水ハウスについてコーポレートガバナンス

コーポレートガバナンス・内部統制システム

ステークホルダーからの信頼を高める意味でも、コーポレートガバナンスを経営の重要課題と位置付けています。経営の透明性を確保し、適時・適切なチェック機能と監視機能が発揮できるよう、取締役会に2人の社外取締役、監査役会に3人の社外監査役を配置しています。また、執行役員制を導入し、経営責任の明確化と業務執行の迅速化を図っています。

内部統制システムについては、「内部統制システム構築に関する基本方針」に基づくシステムの運用を徹底、強化に取り組んでいます。グループ全体の金融商品取引法による内部統制(J-SOX)の遵守と徹底は、経理財務部内のJ-SOXグループが、海外子会社における内部統制システム構築については、2015年2月1日経理財務部に新設された海外内部統制推進室が中心となって対応をしています。

コーポレートガバナンス体制

 

積水ハウス株式会社コーポレートガバナンス基本方針

コーポレートガバナンスに関する考え方や枠組みを、ステークホルダーの皆様に対して広く開示し、継続的に充実を図っています。

 

積水ハウスグループ取引先企業倫理ヘルプライン

積水ハウスグループと継続的取引関係にある協力工事店・取引先の役職員の方々から、積水ハウスグループの事業活動に関する法令・企業倫理違反又は取引関係にかかる懸念事項について、社内・社外の窓口にて相談を受け付ける制度を設置しています。