まりちゃん家

ここに集う人々は大家族のようなもの。
自然と笑顔が生まれる、みんなの「家」に。

住宅型有料老人ホーム + デイサービス + 居宅介護支援 + カフェ

脳梗塞で半身麻痺となったお父様のために自宅で「お茶っこ会」を開き、近所のお年寄りたちが集まる場を提供し始めたオーナー様。そこから徐々にボランティアの輪が広がっていき、NPO法人を経て有限会社へと組織形態を変え、活動の場も柔軟に変えながら利用者のニーズに応えてきました。その22年にわたる活動の集大成となる施設が、リニューアルオープン。オーナー様が大切にされている「あなたの笑顔はわたしの元気」の言葉を胸に、利用者はもちろんご近所の方や介護関係者が気軽に集い、交流し、笑顔になれる場ができあがりました。
気軽に来られる家にしたいから、場所づくり、人づくりを大切に。
土地の傾斜を活かした高低差のあるアプローチと豊かな植栽が印象的な外観。エントランスに続く小径にはベンチも置いてあり、ちょっとした散策気分も味わえるようになっています。「介護施設をつくりたいんじゃない。みんなが集まれる場所になれる家をつくりたいんだ」というオーナー様の想いを形にして、ふらりと入りたくなるような雰囲気にしました。そこで出迎えるのが、利用者を家族のように思い、温かい気持ちで接するスタッフの皆さん。そうした場所づくり、人づくりへのこだわりは、「まりちゃん家」という親しみやすい名称にも表れています。
プライバシーを守りながらも人の気配を感じられる居住空間。
居室は、独立した1人部屋のほかに、隣室との間仕切りを引き戸にした相部屋にもなるタイプが6組あります。互いの同意があれば鍵を開けて自由に行き来できるので、ご夫婦や友だち同士で入居されている方に好評です。
「人間って、集うことを求めているんじゃないかしら」とおっしゃるオーナー様。自分の部屋にこもって過ごすのではなく、いろんな人との関係を通して自分の居場所を見つけて欲しいという想いから、プライバシーを守りながらも人の気配を感じられるような工夫を各所に施しています。
お茶っこしながら地域の交流を促進するカフェと、ゆるやかなゾーニングで多彩な使い方ができるデイサービスを併設
1階の通りに面したスペースに、利用者や近隣住民が気軽にコーヒーなどを楽しめるカフェをオープン。自宅での「お茶っこ会」から介護の道へ進んだオーナー様の原点回帰に加え、もう一つ、カフェにこだわった理由がありました。それが、「地域の介護事業者・ケアマネージャーがお茶を飲みながら情報交換したり相談したりできる場をつくりたい」ということ。地域の介護事業者の連携強化や次世代の育成にも貢献する場となることを目指しています。
また、2階のデイサービスエリアは、大きな空間をデイルーム・ソファーコーナー・事務スペースの3つにゆるやかにゾーニング。どこにいても全体が見渡せるので、安心です。
洗面台とトイレ、浴室、洗濯室といった水まわりの設備はまとめてあるので、動線もスムーズ。利用者もスタッフも使いやすいプランを実現しました。

デザイン

インテリア

プラン

図面

開所年月 2016年11月
タイプ 住宅型有料老人ホーム、デイサービス、居宅介護支援、カフェ
定員 20戸(デイサービス利用定員 25人)
用途地域 第一種中高層住居専用地域
建物型式 セレブリオNB
敷地面積 1391.96㎡
1F床面積 489.54㎡
2F床面積 404.68㎡
延床面積 894.22㎡

その他の実績

花憩庵
花憩庵
ラ・ナシカ さいたま
ラ・ナシカ さいたま