子どもの居どころは「子ども部屋」だけ?

Question Question

自分の部屋よりも居心地のいい部屋がありますか? (高校生を中心とした学生への質問)

今回は、高校生を中心とした学生の皆さん※の居どころに対する本音に迫ります。高校生くらいになると、家の中で居心地よく過ごせる場所は「自分の部屋」というイメージがありますが、「自分の部屋よりも居心地のいい部屋」があるかたずねたところ、なんと66.2%の方が「ある」と回答。2003年の調査時と比べて大幅に増加しています。そんなにも居心地のいい部屋っていったいどこ?

※内訳は中学生0.8%、高校生54.0%、専門学校生16.6%、短大・大学生28.6%

自分の部屋以外にも心地いい居どころがある

「自分の部屋より居心地のいい部屋」、堂々1位は「リビング」でした。2位には「トイレ」がランクインしているのも面白いところ。3位には和室が続きます。家族の気配を感じながら過ごしたり、籠って一人きりを満喫したり、ごろ寝をしたり…。自分なりの居どころを見つけてくつろぐ様子がうかがえます。

自分の部屋の満足度について聞きました。

肝心の「自分の部屋」に対する満足度も、2003年調査時と比べて大幅にアップ。満足している理由を聞くと、「自分だけの世界を描けるから」「落ち着いてひとりになれるから」に類する声が目立ちました。ひとりの時間を満喫できる部屋がきちんとあるからこそ、他の部屋で、自分の部屋では味わえない居心地を楽しめるのかもしれません。

Solution Solution

「共有」と「専有」の視点から考える子どもの居どころづくり

高校生になっても自室よりリビングを居心地がいいと感じる。そんな子どもたちがこれからは多数派になるかもしれません。ひと昔前なら自室に籠らないとできなかったようなことも、今はスマホさえあれば場所を問わずに楽しめたりもします。そう、何も「居どころ=個室」とは限りません。子どもの居どころは共有スペースにも専有スペースにも設けるのが理想という視点で、子どもが小さいうちも大きくなってからも充実して過ごせる居どころを考えてみませんか。

積水ハウスのキッズでざいん「コドモイドコロ」

積水ハウスでは、子どもの発達にあわせて生きていくために必要な力を自然に身につける住まいのカタチ『コドモイドコロ』をご提案。「みんなといっしょ」と「じぶんだけの」の視点で、子どもが思い思いにリラックスして過ごせる居どころを考えます。

Source:

積水ハウス 納得工房アンケート「子ども室について」2003 調査時期:2003年2~5月
積水ハウス 納得工房アンケート「子ども室について」2019 調査時期:2019年2~8月

編集・発行元:積水ハウス株式会社 納得工房

アクセス

〒619-0224 京都府木津川市兜台6-6-4

施設のご紹介

関連施設

さまざまなワークショッププログラムや体験を通じて、新しい暮らしをお客さまと共に発見していく研究・共創拠点。カフェでくつろぎながら、住まいに関する情報に触れて楽しむ。

研究組織

総合住宅研究所

住宅の基本性能の検証や評価をはじめ、新しい構・工法の研究開発、 ユニバーサルデザインや新しい環境技術の研究などに取り組んでいます。

住まいづくりをお考えの方へ

住まいづくりがまるごとわかる、体験型ミュージアム。

耐震のメカニズムや快適空間の理由など、難しい技術もわかりやすく体験・納得。全国の工場併設でライン見学も見どころ。(関西を除く。)※完全予約制

住まいづくりの実例をご紹介

建築実例
積水ハウスの住宅実例をご紹介

住まいづくりのご相談は積水ハウスまで

イベント

展示場・ショールーム
各地域で公開している住宅展示場や分譲住宅の他、住まいづくりに役立つイベント情報をご紹介。