多世帯(カゾクトカゾク)
家族の数だけ住まいのカタチをつくる、積水ハウスの「カゾク・ト・カゾク」。

100の家族には、100の暮らし方がある。変わりゆく家族のカタチには独自の発想で応えることが必要です。「カゾク・ト・カゾク」は、積水ハウスが提案する多世帯の住まい。さまざまな要素で成り立つ多世帯住宅に、“うち”だけのカタチをご提案します。

いつもにぎやか、笑い声が響く長男家族のスペース

こだわって実現できた手作り感溢れるLDK。みんなで壁を塗ったのもいい思い出。

左の玄関を入ると、ご長男一家のスペース。
3人のお子さまが元気に遊びまわる、
にぎやかな暮らしです。

ご長男:「両親や弟の家は大人だけの住まいなのでシンプル。それに対してこちらは、自然体や手作りにこだわって、1階は無垢材、2階はハーペストパネルの床を採用し、リビングの壁は自分たちで漆喰を塗りました。
おばあちゃんの部屋とロフトは、どちらの家からも行き来できるようになっていますが、“それぞれの家に行くときは玄関から入る”というのがうちのルール。けれど、家族行事は何があっても全員参加(笑)!だから壁塗りも弟たちと一緒に。地鎮祭や、積水ハウスの工場見学も家族みんなでいきました。子どもたちも、家ができるまでを体験し、大勢の家族に囲まれて暮らすのはいい経験になると思います。」

子ども室はブース上に仕切られたつながりのある空間に。階段ホールは3人の遊び場。ナチュラルな風合いのあるワラを原料とした床材を採用。

コネクティングルーム

U邸は完全分離のプランですが、両世帯からアクセスできるおばあさまの部屋や、2WAYで両世帯がつながるロフト収納を設置しています。

大人4人がマイペースに暮らす次男+両親+祖母のスペース

仕事から帰った夜や休日は、ひとりの空間でほっと一息。

右の玄関を入ると、ご次男、
そしてご両親とおばあさまの暮らすスペース。
シンプルで落ち着きのある大人の暮らしです。

ご次男:「兄が結婚し甥っ子が生まれ、家族が増えたことで、だんだん自分の居場所がなくなって…そんなとき父が、仲がいい兄弟なのだから、みんなで住む家を建て直したらいいと。そうやって家づくりが始まりました、営業の佐藤さんの第一声『4世帯の家ですか!やってみたいです。』が積水ハウスとの出会い。でも、それぞれの要望が違うので、かなえるのは大変でした(笑)。
こちらの世帯は大人が多いので、収納は工夫しました。階段下などスペースを有効活用。両世帯共用の収納になっているロフトからは甥っ子たちの声が聞こえて、にぎやかな中に自分の居場所があるのがいいですね。将来の結婚に備えて子ども部屋になる部屋を用意したりと、先のことも考えたプランになっています。」

兄世帯とつながっているロフト。トップライトからの光も共有です。互いの気配が感じられるいい距離感が生まれています。

階段下収納

大勢が暮らす多世帯の住まいでは荷物も多くなりがち。階段下や廊下など。空間を有効活用した収納の工夫が大切です。

家族構成

多世帯同居の経緯

ご長男が結婚。3人のお子さまにも恵まれ、部屋数が必要になったことで、ご自宅を建て替えられました。

ひとつ屋根の下、
左右で兄弟の別空間が広がる。

それぞれの世帯が「思い思いに」暮らすUさまご一家。家族構成もインテリアの趣味も違う二つの家が、仲良く並んでいるようなお住まいです。

多世帯の住まい「カゾク・ト・カゾク」のつくりかた

100の家族には、100の暮らし方、
「うちだけのカタチ」があります。
そんな「うちだけのカタチ」を考える上で重要なのは、
「暮らしのシーン × 家族の距離感」
「GOOD IDEA! 30」「カゾク・ト・カゾク TECH」
の3つです。

「カゾク・ト・カゾク」カタログ
「多世帯の多彩な暮らし」のご提案。8つの実例を通して、多世帯の暮らしに役立つ知恵や工夫ご紹介します。