デッキと芝生の庭から広がる、豊かな暮らしのシーン

アウトドアランチを楽しんだり、ジューンベリーの実をつまんだり…。そんなシーンが生まれるのは、LDKに隣接したデッキと芝生の庭があるから。デッキは壁と植栽で目隠しされ、2階のバルコニーが屋根がわりの過ごしやすい場所となっています。芝生の庭も外からの視線が気にならず、室内からは心地よい広がりが感じられます。「日常的に使えるデッキにしたいと思っていましたが、ここから得られるものは想像以上でした」とご主人。今日もお子さんの元気な声が響きます。

奥様好みのナチュラルなインテリア。階段室を隠す壁と、キッチンのカウンター収納の材質をそろえ、明るい木質感でまとめている。

デッキに立てた壁や、芝生の庭を囲うフェンスによって室内のプライバシーも守られ、カーテンいらずで過ごせる。

2階バルコニーが屋根となり、デッキの使いやすさが向上。フロントガーデンの植栽は、外観の演出とデッキの目隠しを兼ねている。

デッキと芝生の庭の間に植えたジューンベリー。実のなる樹を植えることも、庭のある暮らしを楽しむためのポイント。

芝生の庭の一角には、奥様のガーデニングスペースや、お子さんのためにご主人が手作りした砂場も。

主寝室と子ども室は、将来的に仕切る準備をし、今はワンルームとして活用。シャーウッドのあらわし梁が空間のアクセントに。

スマートな片流れ屋根が印象的な外観。建物からせり出したバルコニーを、壁で支えるシンプルなデザイン。

物件データ

所在地

愛知県

家族構成

夫婦+子供(ご主人、奥様、長女)

施主年代

~35歳

階層

2階

構造

商品

IORI

延床面積

117.75m² (35.6坪)

この実例に関連する条件検索