回遊動線をとり入れたプランで広がる暮らしの自由度

5歳と3歳のお子様がのびのび遊べるように。共働きの家事をサポートできるように。そして、暮らしの自由度が広がるように。そんな想いから、M様邸には行き止まりのない回遊動線を随所にとり入れています。たとえば、キッチンを中心とした水まわりの回遊動線。パントリー・脱衣室・洗面所は、リビング収納も兼ねた住まいのバックヤード的な空間で、「家族の朝の支度がここで完結。家事も短い動線で済むので便利です」と奥様。和室の納戸も廊下側に抜けられる回遊性があり、リビングクロークとしても活用できます。2階の書斎には天井まで本棚が造り付けられ、千冊を超える蔵書がすっきり。主寝室と書斎を区切るエンジ色の壁はウォークインクローゼットの入り口を隠す役割もあるので、主寝室のくつろぎ感を損ないません。「とにかく居心地がいい家」と奥様。「家族や暮らしのかたちが変わっていっても、使いこなせそうです」と笑顔でおっしゃっていました。

「食事中にシンクの洗い物が見えないように」とのご要望から、床と同じカラマツでキッチンカウンターを造作

琉球畳を敷いた和室からも、リビング・ダイニング越しに庭の緑が楽しめる

和室の窓際には、椅子・机・本棚など多用途に使えるベンチを設置。デッキとフラットにつながっている

和室の収納は廊下側にも通り抜けられる。今はお子様のオモチャ入れとして活用。

バギーやお子様の外遊びグッズも仕舞える大きめの土間収納を設置し、すっきりした玄関に。

主寝室に斜めに配した壁は、書斎との区切りに。「親子で寝ていますが、子どもが寝てからも書斎で本が読めます」

天井高の本棚を造り付けた書斎で、千冊を超える本を収納。その奥には収納力の高いウォークインクローゼットがある

ダインコンクリートが美しい外観。敷地に対して斜めに配棟することで、広いデッキや3台分の駐車スペースなどを確保

物件データ

所在地

愛媛県

家族構成

夫婦+子供(ご主人、奥様、長男、長女)

施主年代

36~45歳

階層

2階

構造

商品

延床面積

124.92m² (37.8坪)

この実例に関連する条件検索