外部空間も住空間としてとり込んだ、開放感あふれる住まい

庭のような部屋のような中間領域が心地いいY様邸。周囲は住宅の建築が予想され、南側には集合住宅があることから、外壁を巡らせてプライバシーを確保。そして、「犬と遊べて、犬トモさんが気軽にきてくれる庭がほしい」というご要望から、外部空間も住空間と考えて、家の中に大きな庭があるようなプランに。1階の半分ほどを庭とし、2階の主寝室部分が屋根のようにかかったデッキは、アウトドアリビング感覚のスペースです。樺桜やタモの無垢材など自然素材を多く採用した空間は、庭からの光に映えて優しげな印象に。「緑が見えるリビングが気持ちよくて、一度座ると動きたくなくなるんですよ」と、ご夫婦の笑顔がこぼれる新居です。

シンプルな外観に、植栽や杉の格子でナチュラルさをプラス

空間全体をつなげながら、造作収納などで緩やかに仕切る工夫も

デッキ上部は2階が屋根のようにかかり、半戸外空間として使える

中高木や下草を寄せ植えのようにバランスよく配した庭

玄関から庭へは、両側に造作収納を設けたトンネルのような通路に

ダイニングからも庭が眺められて、食事もピクニック気分

室内と目線が近づく高さで、内外のつながりを演出するデッキ

物件データ

所在地

岡山県

家族構成

夫婦+子供(ご主人、奥様、長女)

施主年代

~35歳

階層

2階

構造

商品

延床面積

121.6m² (36.8坪)

この実例に関連する条件検索

関連する暮らし方