大きなテーブルのまわりに集まり語らい、つながる家

4寸勾配屋根と白のベルバーンが街並みに映えるW様邸。地元産の久万の石があしらわれた趣のあるアプローチから玄関室内へと進むと、南に大きく開かれた明るく開放感あふれるLDKにつながる。高窓から光を取り込む吹き抜けによって1、2階が優しくつながり、家族の気配も感じられる空間に。リビングは置かれた観葉植物が庭の緑と連動して室内に安らぎを生み出し、一角にはハンモックチェアが配置され、読書したり庭を眺めたりするくつろぎの場に。また、キッチンとLDの床に段差をつけたことで家族同士の目線が近づき、空間も家族もやわらかくつながる。中心となるダイニングテーブルを兼ねた広いステンレスキッチンはこだわりのアイテム。「食事や会話、勉強、手仕事、ゲストのもてなしなど多機能に活用しています。人が集まり交流する大切な場ですね」と奥様。シンプルな中に、細部までこだわりを凝縮させた住まいです。

両側に壁を配置したリビングの一角は、ハンモックチェアのあるくつろぎの空間。「こもり感」が心地よい。

2階ホールから吹き抜けリビングを見渡す。どこにいても家族の気配が感じられる安心感がある。

LDKに段差をつけ、家族の目線の高さを合わせることで、和やかなつながりが生まれる。

ダイニングテーブルと一体化したステンレスキッチンは、食事や会話、勉強、趣味の作業など多機能に活用。

ダイニング横に設けたW.I.C。徹底した見せない収納も住まいの特徴のひとつ。

リビングと庭をつなぐウッドデッキ。室内の床や玄関まで続く板塀、庭木が連動し、木の家の美しさを演出。

玄関アプローチには地元産の久万(くま)の石を採用。駐車場の床も揃えて、趣のある佇まいを演出。

4寸勾配屋根と白い陶版外壁の、周囲の街並みとも調和する美しい外観。

物件データ

所在地

愛媛県

家族構成

夫婦+子供(夫婦、長男)

施主年代

36~45歳

階層

2階

構造

商品

延床面積

106.35m² (32.2坪)

この実例に関連する条件検索