森にいる気分のわが家は光も風もやわらかい

偶然見に行った土地の眺望と、吹く風の心地良さに魅了されて「まだ先」と思っていたわが家を建てる決意をされたS様。土地の魅力を最大限に生かした住まいのアピールポイントは、内外のつながり。外に対しては、ダイニングとデッキ上の軒裏に同じウエスタンレッドシダーの材を使用することで内と外のつながりを演出。一方、中でのつながりとしては、リビング上に吹抜けを設け、上下にもつながり、どこにいても家族の気配が感じられる。ダイニングの視線の先には大きな見晴らしが広がり、「このダイニングにいるとデッキ越しに景色が見られて、とても寛ぎます。優しい木の表情に包まれながら外からの風に吹かれると、なんだか森にいるみたいで。私のお気に入りの場所なんです」(奥様)。

吹抜けのリビングは壁を閉じ、落ち着いた居心地。高い位置に設けた窓から回り込む光が美しい。

ダイニングは天井も床も広々としたデッキと一直線につないで伸びやかに。心地いい風の通り道も生まれた。

深い軒に守られるデッキは、リゾート気分で寛げる。ここでの日向ぼっこはお子さんのお気に入り。

明るい陽射しを受けながら、大きな軒で室内の延長のようにくつろげるウッドデッキ。

吹き抜けで1階とつながる2階フロアは、気配がつながり、家の中の一体感を実感できる。

落ち着いた空間となるよう、西側に細長い窓を最小限のサイズで設けている寝室。

玄関は、2階バルコニーの幅に袖壁を設けて視線をカット。防犯だけではなく、外観上のアクセントにも。

空をバックに佇む白い外観。窓さえも最小限に抑えたシンプルなシルエットが印象的。

物件データ

所在地

福岡県

家族構成

夫婦+子供(夫婦、子供)

施主年代

~35歳

階層

2階

構造

商品

延床面積

117m² (35.4坪)

この実例に関連する条件検索