一日の終わりに夕陽を眺め、夜を愉しむ大人の住まい

「夕陽をゆったり眺める暮らしがしたいんです」とのご主人のご要望に応え、大開口のリビングを西側に配したK様邸。リビングでくつろぎながら、キッチンで料理をしながら、テラスのチェアに座って、あるいは2階の寝室から…と、家中あちこちで夕陽を満喫しておられます。また、道を隔てた公園の景色と連続するように庭に築山をつくることで、視界がどこまでも拡がっていくように造園。テラスのタイルや、外構の黒い石の壁も室内に同じものを貼ることで、室内外が連続して見えるようになりました。夜になれば、今度はテラスとは反対側にある中庭をライトアップ。室内の照度を落とせば、幻想的な雰囲気でリラックスできます。

夕陽を望むスローリビングは、一番のくつろぎの場

地窓やシースルーの階段が、暗くなりがちな廊下に拡がりをもたらす

和の趣のある中庭は昼と夜で異なる光を届けてくれる

ライトアップで幻想的な雰囲気を醸し出す中庭

深い軒下の空間はリビングともフラットにつながるくつろぎスペース

黒い天然石の塀や、屋根の水平ラインが美しく空に映える外観

物件データ

所在地

熊本県

家族構成

多世帯(母、夫婦、長男、長女)

施主年代

46~55歳

階層

2階

構造

商品

延床面積

242.51m² (73.4坪)

この実例に関連する条件検索