日々の暮らしの中心となる場所をこだわり抜いた、H様ご夫妻の心地いい暮らし

「家族が一番長く過ごすリビングを、完璧にしようと思ったんです」とH様。当初、旧居のリフォームを検討されていましたが、展示場でシャーウッドに出会い、「LDKにひと目惚れ」(奥様)。その雰囲気を再現して新居を建てようとご決断されました。心和ます木の存在感。中でもリビングとキッチンの境には古材を採用し、空間に味わいを与えています。リビングの北側には収納スペースの目隠しをかねて設けた石壁が、空間に上品な立体感を演出します。お子様もリビングが大好き。「勉強もここでして、部屋に戻らないんです」と奥様。「でも、そんな気持ちいい場所にしたかったわけだから…」とご主人は笑顔で話されました。

玄関前に大きな車寄せをつくり、雨の日でも濡れずに室内に入れるように

吹き抜け上部に設けた2 つの窓から陽光が入り、白壁に反射。柔らかな光に包まれてる玄関ホール

趣きのある古材の柱が存在感を示すLDK。 差し込む陽光が一際心地いい

「一点豪華主義」で時間とアイデアと予算を集中させたLDK

キッチンカウンター越しのリビング空間。家族が自然に集い、会話が弾む

外壁は全面ホワイトベルバーン。プライバシーに配慮し、道路側の窓を極力少なくした

壁の両サイドに、天井まで届く大きな本棚が。バイク関連の雑誌や専門書が並んでいる

明るく、ゆったりとした子供部屋

物件データ

所在地

栃木県

家族構成

夫婦+子供(ご主人、奥様、長男、次男)

施主年代

36~45歳

階層

2階

構造

商品

延床面積

212.5m² (64.3坪)

この実例に関連する条件検索