眼前の海と快適に暮らす海の隣の家

サーフィンを愛するご家族がこだわって探した、海の至近という希少な立地を最大限に生かした住まいです。リビングの大きな窓からはフラットにデッキと繋げてその先の海と一体化する感覚を創出しつつ、海岸を散歩する人などからプライバシーが守られるよう、デッキの奥行きや部屋によって窓の大きさを調整。海から直接入れる浴室や、海風から家と車を守る配置計画等、海辺で快適に暮らす工夫が随所になされています。

リビングに入ると空と海の大パノラマが広がる劇的な空間構成。眺望を邪魔しない窓周りのシンプルな収まりにこだわった。

刻々と沈む夕日と色を変えていく空は、息を飲む素晴らしさ。次第に変化する光と海と島影の表情が暮らしを彩る。

夕日と山の稜線が見える海辺のカフェのようなダイニングは、あえてコーナー窓の大きさを絞り“額縁効果”で風景をより美しく。

清潔感のある白のキッチンは前面にサブウェイタイルを施し、ダイニングから覗く青い海の眺望ともマッチした洗練された印象に。

勾配屋根の吹き抜けにロフトを設け、間仕切りを兼ねた本棚を設置。本棚は猫の遊び場にも。

海とは反対側から入る玄関はあえて光を抑え、リビングの風景へと、よりドラマチックに導くための空間に。

玄関ホールの窓は、小さく絞ることで海の風景を切り取り、リビングの大パノラマへの期待感を抱かせる。

片流れ屋根の平屋のゆったりとした佇まい。潮風から守るようにガレージを配し、陶版外壁ベルバーンは青空に映える白を選択。

物件データ

所在地

山口県

家族構成

夫婦+子供(ご主人、奥様、長女)

施主年代

36~45歳

階層

1階

構造

商品

延床面積

118.25m² (35.8坪)

この実例に関連する条件検索