3つの要望を柱にプランニングし、暮らしやすさを高めた平屋。

約150坪の角地という恵まれた敷地を活かして平屋に。プランの柱となったのは、「広いリビング」「家事をラクに」「収納を多く」という3つのご要望でした。まず、リビングは最も明るい南東角に配置し、ステージリビングをプラス。大開口を介してつながるテラスも含め、居どころの多い大空間を実現しています。また、キッチンを住まいの中央に据え、近くに洗濯専用室を設けて家事動線を集約。各所に充実させた収納も暮らしやすさを応援します。

キッチンの手元を隠す腰壁の色調を、外壁と合わせることで内外の連続性を強調。

ステージリビングには腰壁に囲われたカウンターがあり、学習や在宅ワークが可能。奥には収納も。

キッチンクロークは玄関から近く、「買い物帰りに直行できるので便利です」と奥様。

キッチンの裏手にある家族専用の通路には、お子様の作品を飾ることもできるカウンターを設置。

主寝室からつながるご主人の書斎スペース。隣には仕事や趣味の本を収納する書庫も。

洗濯専用室にはアイロン掛け用のカウンターや、脱衣室側からも洗濯物を出し入れできる両面収納を設置。

片流れの屋根と、ボックス形状の組み合わせが印象的な外観。駐車スペースのゲートで邸宅感も演出。

物件データ

所在地

茨城県

家族構成

夫婦+子供(ご主人、奥様、長女)

施主年代

36~45歳

階層

1階

構造

商品

延床面積

175.21m² (53坪)

この実例に関連する条件検索