都会の喧騒を忘れ、空や緑を感じる暮らし。新旧の良きものに彩られた至極の邸宅

都心でありながら穏やかな光と風に包まれ、気持ちのいい空が窓に広がるM邸。「家族の団らんを楽しみ、将来まで好きなことをしながら暮らしていける家」とのご要望で、地下と1階にはゲストを招くラウンジや和室、2階に家族のプライベート空間、3階に家族が集うLDKをプラン。「新旧のいいもの」を集め、どの空間もこだわりのインテリアやアートで彩られた、心地よい環境とともに文化や芸術を味わえる至極の邸宅です。

眺望のよい3階のダイニング。ヘリンボーンの床とアンティークの欄間を利用した仕切りがスタイリッシュな空間に温もりを加える。

3階LDKはゆるやかに仕切られた大空間。大きく開かれたバルコニー越しに都会の眺望と青空が広がる。

ご家族用のバスルーム。外に閉じ中に開く設計で、開放感がありながら、外からの視線を気にせず、リラックスして過ごせる。

地下ラウンジ空間のテラス。椅子に座ると、地下から3層にわたり繋がる吹き抜けから、庭と空を眺めることができる。

1階の和室。入り口はにじり口をイメージして低くし、籠り感を演出。「将来は茶会を楽しみたい」と本格的な茶室のしつらえに。

建築家・隈研吾氏の作品からヒントを得た木のルーバーを前面にあしらった外観。光を取り入れながら外からの視線を遮る効果も。

夜のダイニング。遊び心ある吹きガラスの照明は海外の気鋭デザイナーの作品。大人の時間がゆったりと流れていく。

1階まで吹き抜けたコート横の地下のラウンジは、緑を楽しみつつ、夜はバカラのシャンデリアと間接照明の光でシックな雰囲気に。

物件データ

階層

3階

構造

商品

延床面積

591.15m² (178.8坪)

この実例に関連する条件検索