港の眺望を暮らしに取り込む、ダイナミックな吹抜けのある家

圧巻は、目の前に横たわる港の眺め。この絶景を存分に味わえるようにLDKを2階に配し、3階までのダイナミックな吹抜けをプランしました。港に面したバルコニーでは食事をしたり、お風呂上がりの夕涼みなど、眺望プラスαの楽しみが広がります。生活利便性に恵まれた立地は、敷地に限りがあるという街なからしい課題もありましたが、βシステム構法による2mのオーバーハングで、ゆとりある居住空間と2台分の駐車スペースを両立しました。また、2児の母であり共働きの奥様のために、水まわりを集約した効率的な家事動線を実現。「港を見ながらご飯の支度ができるのは幸せ」と、素晴らしい眺望は忙しい奥様の癒しにもなっているようです。

キッチンに立っていても、港が眺められる贅沢なLDK

バーチカルラインサッシが印象的なファサード。オーバーハングで駐車スペースも確保

シンプルながら、床タイルと正面のアクセントウォールの質感が印象的な玄関

1・2階を結ぶ階段室にも、バルコニーから光が注いで明るい

明るい光が空間いっぱいにまわる、螺旋階段のアクセントが映える白を基調としたインテリア

キッチンの後ろに設けた造り付けカウンターはPCコーナー

3階が軒のようにかかったバルコニーは雨に濡れにくく、半戸外の心地よさが味わえる

物件データ

所在地

長崎県

家族構成

夫婦+子供(ご主人、奥様、長女、長男)

施主年代

36~45歳

階層

3階

構造

商品

延床面積

123.14m² (37.2坪)

この実例に関連する条件検索

関連する暮らし方