両隣が迫る間口3.8mの狭小敷地に、明るさあふれる住まいを

K様邸は、駅近の商店街で営まれていた店舗&住居の建て替え。敷地は間口4m足らず、奥行き約22mと細長く、「ここに3階建てができますか?」とおっしゃっていたご主人でしたが、敷地対応力に優れたβシステム構法により、1階に仏間のある和室、2階をLDK、3階に主寝室というプランが実現しました。また、多雪地域でも1.5mまでのオーバーハングが可能なことから、駐車スペース2台分と2・3階にバルコニーが確保できました。さらに、採光性もアップ。両隣がぴったりと迫っているためキッチン上部に吹抜けを設け、とり入れた光が空間全体にまわるようにしました。「居心地がいいって、娘が孫をつれてよく来ますよ」と笑顔のご夫婦です。

両脇に建物が迫る狭小敷地を有効利用。アプローチには奥様が丹精された花壇が

住まいへの期待が高まる奥行きの深い玄関ホール。地窓を設けて、閉塞感を和らげた

バルコニーに面した南の開口から、光がたっぷり注ぐ2階リビング、ダイニング

キッチン、浴室、洗面・洗濯室という水まわりを横一列につなげて、家事動線も効率的

ホームエレベーターは「2階の生活空間を見せずに、3階へ来客を通せて便利」と好評

吹抜けからの光が室内に明るさをもたらす。また、北東面の抜けを活かして窓も配置

3階主寝室は、洗練されたホテルライクなインテリアがご主人のお気に入り

3階和室の窓下には、アルバムや将棋台、ミニコンポがぴったり収まるように収納を計画

物件データ

所在地

福井県

家族構成

夫婦(ご主人、奥様)

施主年代

56歳~

階層

3階

構造

商品

ジオ・トリステージII

延床面積

127.88m² (38.7坪)

この実例に関連する条件検索