多世帯の住まい「カゾク・ト・カゾク」のつくりかた

家族と家族の「重なり」を考える。暮らしのシーン×家族の距離感

共有したい時間や、
大切にしたい暮らしのシーンなど、
家族と家族の理想の「重なり」を
考えてみましょう。

暮らしのシーン

うちで大切にしたいシーンはどんなこと?
家族みんなで囲む食卓?孫とふれあう時間?
それとも、ひとりで趣味にいそしむひととき?

家族で共有したい暮らしのシーンはどんなものがあるでしょうか。プライベートとだんらんの使い分けをしっかりとイメージしてみましょう。

暮らしのシーン

うちは家族同士どれくらい一緒に過ごしたい?
「思い思い」に暮らす?「ときどき一緒」?
それもと「いつも一緒」がいい?

生活は毎日続くものだから、カゾク・ト・カゾクの距離感が大切。家族だから…と曖昧にするのではなくそれぞれの立場で距離感を意識してみましょう。

「カゾク・ト・カゾク」カタログ
「多世帯の多彩な暮らし」のご提案。8つの実例を通して、多世帯の暮らしに役立つ知恵や工夫ご紹介します。