Mobility Life モビリティライフ

Shall we camp?

アウトドアGarage。アクティブスポーツGarage。わいわい Garage。
遠山さんち

季節を問わずにキャンプや登山に出かけ、夏はサーフィン、冬はスノーボードを楽しむアウトドアが大好きな一家。自宅でバーベキューやガーデニングも楽しんでるよ。

遠山さんち

ママと買い物に行った帰り道。遠山さんちの前を通りかかると...

よかったら、一緒にどう?

と、ガレージでランチの準備中の遠山さんちのママが誘ってくれました。

ガレージからデッキを通ってキッチンに出入りできるから、料理を出したりが簡単なの。

だって。外で食事できるって、ちょっとうらやましいなと思いました。

キャンプが好きな遠山さんちのガレージにはあちこちにキャンプ道具が収納されててびっくり。

奥のウッドデッキの下にも引き出しがあるんだ。

必要なものを取り出しやすいようにしとくと、出かける時も簡単だし、帰ってきた時も片付けがラクだからまた出かけたくなるというわけさ。

遠山さんちのパパは楽しそうに教えてくれました。

遠山さんちのモビリティ

SUV

四季を通じてアウトドアを楽しむ遠山さんちの愛車はSUV。道幅が狭くて、舗装してない林道とかもグングン入っていっちゃうからコンパクトな四輪駆動が好きなんだって。「キャンプとか荷物が多いから大きな車がいいんじゃないの」って、ボクが聞いたら、「荷物はシンプルに、必要最小限にまとめてルーフキャリアに乗せるから大丈夫」と遠山さんちのパパ。「それにコンパクトなほうが、まちなかで乗るにも、小回りがきいていいのよ」と遠山さんちのママ。長女のゆきちゃんも、次女のまきちゃんも、この車がかわいくて大好きなんだって。

SUV

ガレージの日常的な使い方

メンテナンス用の塗料なども、
ウッドデッキの下に収納。

「この家を建てる時に、『うちはアウトドアグッズが多いので』と相談したら、設計さんがウッドデッキの下まで収納にしてくれたのよ」と遠山さんちのママ。タイヤまで納めてあって、ボクはびっくり。

ユーティリティバーを使って、
場所をとらずにすっきり収納。

この壁に取付けられた棒がユーティリティバーなんだよ。庭で使う道具やスノーボードをかけておいたり、いろいろ使えるみたい。「これなら、すぐに取り出せるし、片付けも簡単」と、遠山さんちのパパが言ってた。

こだわるのも、組み合わせるのも楽しい。モビリティライフ12のスタイル。

「モビリティライフ」の楽しみ方は、家族構成や暮らし方などによって、それぞれのようです。こちらでは代表的なスタイルをご紹介します。ぜひ気になるスタイルをチェックしてみてください。

スタイルをチェック
「モビリティライフ」カタログ
モビリティ(乗り物)と住まいがつながる暮らしについて積水ハウスの研究開発をもとに生活提案や空間提案設計手法を紹介したカタログです。