Mobility Life モビリティライフ

ともだちのともだち。

買い物らくらく Garage。おうちカフェ Garage。キッズ Garage。
佐藤さんち

高校時代野球部で、今も草野球をやっているパパ。地元のプロ野球チームが大好き。今ではママも野球が大好きで、たまちゃんも、パパのランニングには一緒に行く。ママがさっそうと乗りこなす電動自転車の後ろに乗ってね。

佐藤さんち

今日は妹の友だちのたまちゃんちでプール。たまちゃんちに着くと、たまちゃんちのママが・・・

パパが仕事で車ないから、ガレージでプール開きよ

ボクたちは、早速プールへドボン!
プールで遊んでいると、後ろからうちのママが、おやつを持ってやって来た。

みんなで食べよー

そういって、たまちゃんのママと一緒にガレージを抜けて中庭へ。

ここは木陰が気持ちいいのよね。LDKがウッドデッキで外に続いているといいわね。

そうね。子どもがガレージで遊んでいても、ちょっと顔をのぞかせると見えるし。子どもの声も、よく聞こえるから。

「こんど、ボクのともだちも呼んでもいい?」って聞いたら、

ともだちのともだちは、大歓迎よ!

と、たまちゃんちのママが笑っていいました。

佐藤さんちのモビリティ

電動自転車。ミニバン。

たまちゃんちには、電動自転車とミニバンがある。電動自転車のバッテリーは玄関の横にあるシューズクロークに置いてある充電器で、いつでもチャージしてあるそうだ。ミニバンを選んだのはパパ。野球の道具を積んで、チームメイトも乗せられるからというのが理由。でも、家族でゆったりドライブを楽しめるし、ママはおしゃれなデザインも気に入っているんだって。

電動自転車。ミニバン。

ガレージの日常的な使い方

強い日差しをさえぎるだけじゃなくて、
雨にぬれずに車に乗り降りできる。

たまちゃんちのパパとママは、「雨にぬれずに車から降りてうちに入れるのがいい」って言ってた。ボクは雨にぬれても平気だけどね。

買い物袋を抱えたままでも、
キッチンまで入っていける。

「ショッピングモールに行って、まとめ買いをするでしょ。荷物が多くても、玄関からくつのまま土間収納を通って、キッチンまで行けちゃうから便利」その話を聞いたうちのママは感心してたよ。

こだわるのも、組み合わせるのも楽しい。モビリティライフ12のスタイル。

「モビリティライフ」の楽しみ方は、家族構成や暮らし方などによって、それぞれのようです。こちらでは代表的なスタイルをご紹介します。ぜひ気になるスタイルをチェックしてみてください。

スタイルをチェック
「モビリティライフ」カタログ
モビリティ(乗り物)と住まいがつながる暮らしについて積水ハウスの研究開発をもとに生活提案や空間提案設計手法を紹介したカタログです。