ユニバーサルデザイン(スマートUD)

安全であること、使いやすいこと、さらに、一歩進んで“心地よさ”も

積水ハウスでは2010年より、従来からあるユニバーサルデザインの基本的な考え方である「安全・安心」「使いやすさ」に加え、「触れ心地がよい」「操作感がよい」「見た目が美しい」と言った、五感に響く「心地よさ」まで追求した独自の住空間デザイン「スマートUD(ユニバーサルデザイン)」を推進しています。

グッドデザイン賞受賞「スマートユニバーサルデザイン」

空間の美観性を失うことなく安全性、使いやすさというユニバーサルデザインの基本を忠実に再現している点が評価され、2010年度グッドデザイン賞(生活領域/住宅設備部門)を受賞しました。

スマートUDアイテムの一例

フルフラットサッシ

1階室内と外部デッキ、テラス土間がフラットにつながるサッシ。移動時にサッシ枠につまずく心配もなく、室内外の連続性が高まることで室内空間の体感的な広さもアップ。自然を身近に感じながらスローリビングが楽しめます。 

手すり

指のかかり具合や掴みやすさを検討し、微妙な曲線でデザインされた階段手すり。使いやすい角度を実験から導き出したトイレ手すりなど、使い心地を追求。天然木の質感にもこだわった、身体にも心にもやわらかい仕様です。

ユニットバス

誰もが安心してリラックスできる場所であるために。濡れても滑りにくい床やまたぎやすい高さの浴槽、適材適所の手すり、少ない力で操作できるドアなど、安全性と使いやすさを追求。お手入れのしやすさにもこだわりました。

安全配慮引き込み戸

扉を開ける時に、指を挟んでしまうことのないよう配慮したデザインの引手。シンプルな形状で、小さな子どもでも安全に操作でき、自然に怪我を防止します。2016年には、キッズデザイン賞 審査員特別賞を受賞しました。 

左がメーターモジュール、右が尺モジュール。大きな荷物を抱えてみると、その差がはっきりと実感できます。また、階段に手すりをつけても広さに余裕が感じられます。

メーターモジュールがユニバーサルデザインの基本

積水ハウスは創業まもなくの頃から、尺ではなくメートルを設計の基本単位とする「メーターモジュール」を採用してきました。ここ数十年で日本人の体格が大きくなっていることもあり、豊かに快適に暮らすためにはメーターモジュールが適しているのです。
メーターモジュールによって生まれるゆとりは、ユニバーサルデザインの観点からも非常に有効です。例えば、将来必要になるかもしれないバリアフリーリフォームの際、廊下や階段の幅が広ければ片側手すりはもちろん、両側に手すりを付けることも可能。
また、赤ちゃんを抱っこしていたり、大きな荷物を運んだりといったときにも、このちょっとした広さの差が、動きやすさをさりげなくサポートします。

メーターモジュールは、毎日上り下りする階段の使いやすさにも大きく寄与します。両側に手すりをつけても、余裕の広さ。将来に渡る安心をアシストします。

メーターモジュールは廊下の曲がり角でも威力を発揮します。車椅子で通る際、メーターモジュールなら角を曲がることが可能。快適な移動を支えます。

トイレなどの小さな空間では、モジュールによる差が数字以上のゆとりに感じられます。

誰もが、安全に使いやすく。家があなたの快適の味方になります。

積水ハウスでは、1970年代からバリアフリーを研究・実践。
基本的なバリアフリー性能はすべての住宅がベースにすべきと考え、1989年には“いつもいまが快適”という「生涯住宅思想」を提唱。 年齢や体格、体力の違い、身体機能の違いを超えて誰もが暮らしやすい住まいを提供することを目指して独自のユニバーサルデザインを構築してきました。
これからも、誰にとっても住まいやすい家づくりを目指し、ユニバーサルデザインを進化させ続けていきます。

1970年代から開発。障がい者住宅研究が生かされています。

積⽔ハウスは公的機関との共同開発により、⾼齢者や障がい者向けモデル等を建設しています。
障がい者のための配慮住宅においても、1,300棟以上の実績を重ねています。

日本初の「障がい者配慮モデルハウス」を建設(1981年)

生涯住宅展示場 オフィス三鷹を開設(1988年)