次世代室内環境システム(スマート イクス)

家族の健康を、住まいから叶える。

誰もが健康について考え、家で過ごす時間が長くなった今、住まいも家族の健康を想う姿へ進化する時を迎えています。

家族が毎日を健やかに過ごすために、花粉やPM2.5、さまざまなウイルスなど見えない汚染物質を「入れない」「広げない」ことが肝心。そこで誕生したのが、次世代室内環境システム「スマート イクス」。換気、空気清浄、プランニングが一体となった独自のシステムできれいな空気が流れる、快適な居住空間を実現。
これからの時代に、住まいから家族の健康をサポートします。

家の中の空気に対する意識

直近の調査データによると、家の中の空気はきれいであってほしいと回答された方が97.1%。空気の清潔さに対する意識が高いことがわかります。住宅における「新しい生活様式」への対応の重要性が高まっています。

居住空間における換気の重要性

ウイルスなどによる感染への配慮はもちろん、新しい生活スタイルにより、家で過ごす時間が増えた今、花粉やPM2.5、汚染物質などから身体を守るために、換気や空気清浄は有効だといえます。暮らしのシーンに合わせて、空気の流れをコントロールすることが重要になってきます。

北海道大学 林基哉教授

スマート イクスはライフシーンに合わせて、家じゅうの空気をコントロール。

空気の流れをコントロールして
日々の生活空間を快適に

換気ゾーニング

生活空間を風上、非生活空間を風下として、きれいな空気が生活空間を始点に流れるようにゾーニング。上着などの収納スペースと洗面を備えたチェンジングルームを玄関付近にプランニングすることで、外の汚れが家族のくつろぐ空間に入らないよう配慮。また、厚生労働省が商業施設等で推奨する1人当たり30㎥/h以上の換気量を、家全体で確保します。(居住想定人数を考慮した設計上の数値です。また、汚染物質の流入を完全に遮断するものではありません。)

実大LDK空間でのスモーク除去実験の比較動画です。

室内の空気がきれいになっていく様子を表現したシミュレーション動画です。

一年を通して熱交換型換気で
快適性と省エネを実現

アメニティー換気システムIV

排出する空気の熱エネルギーを再利用する「熱交換機能」により、換気による熱損失を約80%抑制。室温が外気温に左右されにくくなり、冷暖房の効率が向上。快適で省エネな換気を、24時間実現します。また、サイクロン給気フードと高性能な外気清浄フィルターが汚染物質を除去。きれいな空気を取り込みます。外気中の粉じんや虫類はサイクロン給気フードで除去されるため、フィルター交換は5年に1回だけの省メンテナンスです。(エリアにより異なる熱交換型換気システムになることがあります。)

シーンに最適な空気清浄力で
空気中の汚染物質を除去

天井付空気清浄機 Air Me(エアミー)

エアミーはHEPAフィルター(※)を搭載。空気中の微細な汚染物質を除去し、きれいな室内環境を保ちます。窓開け換気だけに頼ることなくシーンに合わせて空気清浄力をコントロール。例えば、日常家族で過ごす時は弱モード、空気の汚れが気になる時は急速モードに。一般的な換気のみに比べ、最大2~5倍素早く汚染物質を除去します。微細な汚染物質は浮遊して空間全体に広がりやすいため、障害物の影響を受けにくい天井付のエアミーが、空気清浄に効果的です。

  • HEPAフィルター:High Efficiency Particulate Air Filter

2016年度(第10回)キッズデザイン賞 <子どもたちの安全・安心に貢献するデザイン部門>受賞

HEPAフィルターを通り汚染物質が除去され、きれいな空気が室内に流れます。

Air Me 粉塵濃度 実験条件
床面積30㎡(天井高2.5m) Air Me:FL+2000mm程度に設置 実験室にタバコの煙(粒子径0.5μm相当)を充満させた後、換気またはAir Meを運転させ、粉塵濃度を測定。
・24時間換気のみ:換気量37㎥/h ・Air Me(弱):循環風量45㎥/h ・Air Me(急速):循環風量234㎥/h
※実験室での結果となり、使用環境により効果は異なります。

清潔を保つ多彩なアイテムの一部をご紹介します。

ウイルスの付着・滞留を抑制

抗ウイルス仕様

挽板フロア
生活空間床のウイルス滞留に配慮

玄関手すり
よく触る場所も抗ウイルスに

触れずに動かせて汚染物質を広げない

タッチレス機能

室内用自動ドア
センサーで開閉可能

タッチレス手洗い水栓
センサーで楽々出し止め

カタログ請求

スマート イクスについて、さらに詳しくご紹介しているカタログをご用意いたしました。最新の住まいづくりにぜひお役立てください。