生産体制

それぞれの設計図を元に、工場への生産オーダーを邸名ごとに行います。工業化による高度な品質管理体制で、一邸一邸、変わらぬ高品質をお約束します。

kodate_01.jpg

「邸別生産」が積水ハウスの基本。どの一棟にも変わらぬ高品質を

「邸別自由設計」を基本とする積水ハウスでは、工場へのオーダーもお客様の邸名で発注され、生産がスタートします。一棟一棟異なる住まいに、変わらぬ品質をお約束すること。「工業化」がもたらすメリットを最大限に引き出すために、すべての工場で高度な品質管理体制を整え、生産にあたっています。

積水ハウスでは、すべての住宅に同じ品質を提供するために、工場ラインにロボットやハイテク機器を導入し、厳しい基準による資材・原材料の選定などを徹底化。

kodate_02.jpg

環境との調和を目指し、生産体制の見直しを進めています

積水ハウスはいま、「地球環境保全」を考えた生産体制の見直しに取り組んでいます。2001年3月に全工場で環境マネジメントシステム「IOS14001」の認証取得を完了。資源循環型住宅システムのさらなる転換を図るため、廃棄物のきめ細やかな分別やリサイクルの徹底等によって、工場および新築施工現場におけるゼロエミッションを達成しました。

kodate_03.jpg

徹底した生産品質管理で、世界にひとつの家をつくります

一棟の住宅の部材は約6万点。つねに性能・品質が安定した部材が生産・供給できるよう、原材料の納入検査、品質管理、工場技術者の技能試験も実施。専任スタッフによる厳しい品質管理・チェック体制を整備しています。その取り組みにより、業界初の品質管理および品質保証に関する国際規格「ISO9001」を、工場を含めた生産部門一括で取得しました。