いま建てたい、 理想の住まいは…

住まいへの希望や夢は、何より大切にしたいもの。一方で、建てたあとの暮らしの快適性や経済的なこと、
環境への負荷などが気になるのも当然のこと。例えばこんな疑問、ありませんか?

特徴1

毎日「快適」で「エコ」エネルギー収支”0”へ

積水ハウスのグリーンファースト ゼロ

省エネ - 創エネ ゼロ

間取りに合わせた最新技術とアイデアで、消費エネルギーを大幅に削減。
同時に先進の創エネ設備により、エネルギー収支ゼロへ。

積水ハウスのZEH「グリーンファースト ゼロ」は、開放的な空間での快適な暮らしを維持しながら、高い断熱性と省エネ設備により消費エネルギーを大幅に削減。
さらに、先進の創エネ設備により、必要な消費エネルギーに相当するエネルギーを創り出すことで、エネルギー収支ゼロを目指す住宅です。

「GreenFirst ZERO」の3つのポイント

01/COMFORTABLE

快適

大空間&大開口 × 高断熱

02/ECONOMY

エコノミー

省エネ × 創エネ

03/ECOLOGY

エコロジー

環境への配慮 × 美しい景観

詳しく見る

特徴2

「もしものとき」に備えた安心・安全

積水ハウスの
防災住宅

時系列で見る、防災住宅としての3つの強み。より大きな安心・安全のためにさまざまな仕様をご用意。

    1. 災害が発生しても生活空間を守る丈夫な造り

      詳しく見る

      • POINT 1

        地震対策

        確実な耐震性(耐震等級3以上 ※1 標準、耐風等級2以上※2 標準)を確保。

      • POINT 2

        強風対策

        外壁には、耐風圧性能に加え瓦などの飛来物を考慮した耐衝撃性能も発揮。

      • POINT 3

        豪雨対策

        5つの対策を施した「床下浸水配慮仕様」をご用意しています。

    2. 3~5日間分の水と食糧を備蓄できる安心

      詳しく見る

      • POINT 1

        食品庫

        飲料や非常食をストックできる「食品庫」。

      • POINT 2

        雨水タンク

        トイレ用貯留水を確保する「雨水タンク」。

    3. 停電しても電力がある安心

      詳しく見る

      • POINT 1

        省エネ(節電)/高断熱・省エネ家電

        高断熱仕様と高効率設備で可能な「節電対策」

      • POINT 2

        創エネルギー(発電)

        経済的で地球にやさしいクリーンエネルギー「太陽電池」。ガスを使って発電・給湯・暖房ができる「燃料電池」。※3

      • POINT 3

        蓄エネルギー(蓄電)

        もしもに備えて電力を蓄えておくことができる「蓄電池」。

    ※1. 耐震等級とは、地震に対する建物の強さを表す等級で、《耐震等級3》は、等級1の1.5倍以上の耐震性能。震度6強~7の地震でも、軽い補修程度で住み続けられるレベル。(地域により仕様は異なります) ※2. 耐風等級とは、台風等に対する建物の強さを表す等級で、《耐風等級2》は、等級1の1.2倍以上の耐風性能。 ※3. ガス・水道が使用可能な場合。

    「ZEH / Net Zero Energy House」とは?

    「ZEH(ゼッチ)」とは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略称です。

    快適な暮らしはそのままに、「省エネ」と「創エネ」を組み合わせることで、暮らしのエネルギー収支「ゼロ」※1 を目指す住まいを意味します。

    昨今、世界規模で脱炭素社会への取り組みが進められるなか、ZEHは地球環境に対して負荷の少ない住宅としても注目を集めています。

    国内住宅メーカーのなかでもいち早くZEHを手掛けてきた積水ハウスは、 開放的な空間とZEHを両立するオリジナルブランド「GreenFirst ZERO」で、新築戸建住宅のZEH比率91%※2を達成。累積棟数No.1※3 の実績があります。

    ※1.平成30年(2018年)5月経済産業省資源エネルギー庁「ZEHロードマップフォローアップ委員会」とりまとめの評価方法に基づいています。 ※2.2020年4月から2021年3月/北海道以外/B 登録:実績91% ※3.累積60,843戸。(2021年3月末) 大手ハウスメーカーなどを含む戸建住宅会社のZEHの建設実績。(住宅産業新聞調べ)

    • POINT 1

      地震対策

      確実な耐震性(耐震等級3以上 ※1 標準、耐風等級2以上※2 標準)を確保。

    • POINT 2

      強風対策

      外壁には、耐風圧性能に加え瓦などの飛来物を考慮した耐衝撃性能も発揮。

    • POINT 3

      豪雨対策

      5つの対策を施した「床下浸水配慮仕様」をご用意しています。

    ※1. 耐震等級とは、地震に対する建物の強さを表す等級で、《耐震等級3》は、等級1の1.5倍以上の耐震性能。震度6強~7の地震でも、軽い補修程度で住み続けられるレベル。(地域により仕様は異なります) ※2. 耐風等級とは、台風等に対する建物の強さを表す等級で、《耐風等級2》は、等級1の1.2倍以上の耐風性能。

    • POINT 1

      食品庫

      飲料や非常食をストックできる「食品庫」。

    • POINT 2

      雨水タンク

      トイレ用貯留水を確保する「雨水タンク」。

    • POINT 1

      省エネ(節電)/高断熱・省エネ家電

      高断熱仕様と高効率設備で可能な「節電対策」

    • POINT 2

      創エネルギー(発電)

      経済的で地球にやさしいクリーンエネルギー「太陽電池」。ガスを使って発電・給湯・暖房ができる「燃料電池」。※3

    • POINT 3

      蓄エネルギー(蓄電)

      もしもに備えて電力を蓄えておくことができる「蓄電池」。

    ※3. ガス・水道が使用可能な場合。