積水ハウス株式会社

  • すまいすまいる
  • 住ムフムラボ
  • シャーウッドClub
  • コモンクラブ
  • グランドメゾン倶楽部
  • スムサイトマイページ

積水ハウス株式会社

サイト一覧

  1. 積水ハウストップ
  2. 積水ハウスの不動産分譲
  3. コモンクラブ
  4. コモンクラブColumn
  5. 専門家が教える 住宅購入ノウハウ Vol.144
土地や家の購入には、いつどんな費用が発生?
知っておきたい、土地と家の購入費用と支払い時期
イメージ

土地と家を買うために必要となる費用。結構かかりそうだな……といった漠然としたイメージはありつつも、その内訳と必要となるタイミングについては案外知らないものではないでしょうか。土地と家それぞれに、いつ、どんな費用が発生するか?事前に把握しておくことで心に余裕を持ってマイホームの完成を待つことができます。

土地と建物、それぞれで異なる支払いの種類と時期
イメージ

土地を購入し、家を建てる場合、「土地」と「家」それぞれに、複数の種類の費用が発生します。費用の種類と支払いが必要となるタイミングには、以下のようなものがあります。

〈土地〉
契約時:手付金(土地代金の一部)、仲介手数料(半額、現居の売買や一般地の購入の場合)、印紙税
引き渡し時:土地代金(残額)、仲介手数料(半額、登記費用、司法書士報酬、固定資産税)

〈建物〉
見積り時:測量費用、地盤調査費(必要な場合)
工事請負契約時:建築契約金、印紙税、建築確認申請費
着工・上棟時:工事費(建物購入費用の一部)※地鎮祭や上棟式を行う場合はそれらの費用
引き渡し時:工事費(残金)、建物登記費用、印紙税、司法書士報酬
※住宅ローンを利用する場合は、融資実行時にローン借入費用が発生

〈土地・家購入後〉
引越し費用、家具等の購入費用、諸税、住宅ローンの返済開始

土地の購入時にかかる費用と支払い時期
イメージ

それぞれについて、少し詳細を確認してみましょう。まずは、土地購入時にかかる費用についてです。土地の購入は、購入契約時と、土地の引き渡し時、それぞれに分けて支払いを行います。購入契約時は売買契約を結ぶときに「手付金」として買主が売主に対して土地代金の一部を支払います。また、契約時に作成する契約書の書面に貼る収入印紙の「印紙代(印紙税)」も必要です。併せて、仲介を受けて土地を購入する場合は「仲介手数料」が発生します。仲介手数料は、契約時と土地の引き渡し時に半額ずつを支払うことが一般的です。引き渡し時には、仲介手数料の残額の他に、手付金額を引いた土地代の残額、土地の登記費用、固定資産税を支払います。

建物の購入時にかかる費用と支払い時期
イメージ

建物の費用は、見積り時と、工事請負契約時、着工時と上棟時、引き渡し時にそれぞれ支払いを行います。見積り時の費用は、建物を建てる土地を決めた後に、施工会社が家のプランを作成するために行う測量や地盤調査などにかかる費用と、調査結果をもとにした見積書の作成費用です。見積内容に合意して工事請負契約を結ぶ段階に入ったら、「建築契約金」と、「建築確認申請費」を支払います。工事費用は、契約締結時と、その後の着工時、上棟時、引き渡し時にそれぞれ、3割ずつなど分割するケースが一般的です。着工時に「地鎮祭」、上棟時に「上棟式」を行う場合は、それらの費用もお忘れなく。引き渡し時には工事費用の残金のほか、登記費用と、印紙税、司法書士報酬がかかります。住宅ローンを借り入れて購入する場合は、これらに加えて借入費用が発生します。建物が引き渡され、いよいよ入居する段階になったら、旧居から新居への引越し費用や家具購入代金、不動産取得税などが必要となります。

多岐にわたる費用項目のご相談も積水ハウスへ

このように整理をしてみると、マイホームを建ててから住むまでには、いろいろな場面でいろいろな費用がかかってくることが分かります。とはいえ、難しいと不安に感じる必要はありません。住宅メーカーなどのサポートをしっかりと活用して、1つずつ対応していきましょう。積水ハウスでは、土地と家の購入に関わる費用のご相談にも応じています。

住み始めてからも必要となる費用など、プロだからこそわかる視点をご共有しながら、将来までを見据えて、お客様に寄り添ったサポートをいたします。ぜひお気軽にご相談ください。

▼土地探し・家探しはこちら
https://www.sekisuihouse.co.jp/bunjou/

作成日:2022年6月23日

  • コモンクラブColumn インデックスへ

Page Top