積水ハウス株式会社

  • すまいすまいる
  • 住ムフムラボ
  • シャーウッドClub
  • コモンクラブ
  • グランドメゾン倶楽部
  • スムサイトマイページ

積水ハウス株式会社

サイト一覧

  1. 積水ハウストップ
  2. 積水ハウスの不動産分譲
  3. コモンクラブ
  4. コモンクラブColumn
  5. 専門家が教える 住宅購入ノウハウ Vol.126
帰省時にこそ住み替えのご相談がおすすめ!
年末年始は住み替え検討のチャンス!
イメージ

今年の年末年始はどのようにお過ごしのご予定でしょうか。さまざまな形がある中、いずれにしても、忙しい日常からしばし離れて新年を迎えるために過ごせる時間。この、新たな年を迎えるひとときを、新たな住まいを探すために使ってみるのはいかがでしょう。

年末年始に住み替え検討をするメリット
イメージ

「この忙しい年の瀬に物件探し?」と思われるかもしれません。「大掃除もしなければ、大晦日とお正月の支度もしなければ」と何かと忙しい時期ですからね。でも、新たな年は新居に住む、そのための準備をする時期と捉えると、実はこの年始に向けて住み替え検討をすることには、いろいろなメリットがあるのです。一番の良さは、時間が取れること。元旦を挟んで長期間のお休みに入ることから、物件探しなどに、じっくり、ゆったりと対応でき、ゆとりを持った住み替え検討が可能になります。家族そろって我が家にいる時間も増えますから、家族で話し合いながらの物件探しもできますね。そして、年末年始は、実家の両親祖父母も交えてお話できる機会も増えるかと思います。いろいろとアドバイスいただけることもあるでしょう。

年始の住み替え検討で「非課税の特例」を活用した住宅購入が可能に
イメージ

2015年から2021年12月末までに住宅の新築・増改築等の契約締結をした方のうち、本人の父母または祖父母から住宅資金贈与を受けた場合は、一定額までの贈与税が非課税になる「住宅資金贈与の非課税の特例」を利用することができます。

通常、親族から住宅購入資金の贈与を受けると、それは「贈与税」の対象になり、贈与された額から110万円を差し引いた金額に対して税金がかけられます。

そこで、「住宅資金贈与の非課税の特例」を利用すると、所定の要件を満たしていれば1,000万円までは贈与税がかからず、そのまま住宅購入資金にできるのです。

特例を利用するための要件などの詳しい情報は、お近くの積水ハウスまでお尋ねください。

さらに、2021年3月末までに契約した住宅が、耐震性能や断熱性能、バリアフリー性能などを備えた「省エネ等住宅」であれば最大1,500万円まで非課税対象に。この日を過ぎると非課税対象額が下がってしまいます。非課税対象額が高い2021年の年始が、住み替えのメリットを最大限に受けられるチャンスなのです。

年始の帰省で、最適なタイミングに住み替え検討をしよう
イメージ

資金援助の相談は、会ってじっくりと時間を作れる帰省時が最適なタイミング。特に、父母・祖父母からの資金援助がある場合、贈与税の負担により資金を減らすことなく、よりよい住み替えに充てるためには、「住宅資金贈与の非課税の特例」について説明することも大切です。年末の時間を使って事前に知識を得ておくのもいいですね。家族・親戚と過ごす今年の年末年始が、最も有利な特例適用時期であり、住み替え検討のチャンスです。

※「住宅資金贈与の非課税の特例」は、床面積50平方メートル以上240平方メートル以下(1/2以上が居住用)であることなどが要件。
※省エネ等住宅とは、①断熱等性能等級4または、一次エネルギー消費量等級4若しくは、5 ②耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)2若しくは3または免震建築物 ③高齢者等配慮対策等級(専用部分)3、4または5のいずれかを満たす住宅。

作成日:2020年12月17日

  • コモンクラブColumn インデックスへ

Page Top