積水ハウス株式会社

  • すまいすまいる
  • 住ムフムラボ
  • シャーウッドClub
  • コモンクラブ
  • グランドメゾン倶楽部
  • スムサイトマイページ

積水ハウス株式会社

サイト一覧

  1. 積水ハウストップ
  2. 積水ハウスの不動産分譲
  3. コモンクラブ
  4. コモンクラブColumn
  5. 専門家が教える 住宅購入ノウハウ Vol.125
「働きやすい」家とは?
在宅勤務に適した住まいづくり
在宅勤務の普及で増えた家族との時間
イメージ

新型コロナウイルス感染拡大や働き方改革の影響もあって普及した「在宅勤務」は、我が家にいる時間の増加をもたらしました。家族と過ごす空間と仕事をする空間が同じになることは、家族と一緒に過ごす時間が長くなることでもあります。嬉しい・楽しい時間が、実はストレスのもとになっているとしたら……? 在宅勤務と住まいの関係が、このストレスの増減に大きく関わってきます。

在宅勤務のメリットとデメリット
イメージ

在宅勤務では自宅で一日を終えることになるので、家族と過ごす時間が長くなります。「一日の時間に余裕が持てる」「家族とのコミュニケーションが増えた」「皆で一緒にお昼ご飯を食べられて、子どもとゆっくり話せた」というメリットを感じる人がいる一方で、実は多くの人が、在宅勤務にストレスを感じています。

積水ハウスが行った調査※によれば、「家計の出費が増えた」、「運動不足になる」、「家事量が増えた」などのデメリットを挙げている人は全体の6割。特に、自宅にいる時間の長い主婦のほうが家事量の増加によって男性より強くストレスを感じている傾向が見られました。

また、子育て世代では、仕事の合間に育児と家事を行うために仕事に集中できない状況も生まれており、よりストレスを感じているという結果も出ています。住まいによっては、仕事と家事を行うスペースを分けることができなく、家庭内の物事を同時進行させなければならず、結果として在宅勤務によるストレスが生じてしまう場合もあります。

一戸建てでスペースを分けて在宅勤務のストレスを解消
イメージ

在宅勤務で生じるストレスを軽減する策として、「家族間で家事分担の割合を見直す」、「サテライトオフィスを利用する」等に加えて、1階と2階で居住スペースを分けられる一戸建てが見直されています。居住スペースを分けることで仕事に集中しやすくなり、また、一定の空間が必要になるワークスペースも一戸建てなら確保しやすいため、特に、会社へ出勤する必要が生じても無理がない距離の郊外にある一戸建てへの注目度が高まっています。在宅勤務によって、「都心と駅から少し離れていて部屋と広さが確保できる一戸建て」が改めて注目されてきているのです。

一戸建てで家族に優しく働きやすい住まいにしませんか
イメージ

在宅勤務が、住まいの環境によって家族にストレスと不満をもたらしてしまうのはもったいないこと。十分なワークスペースが確保できて仕事に集中できる一戸建てに住むことによってストレスと不満を軽減できれば、家族と過ごす時間もより充実したものになることでしょう。住まい選びに、在宅勤務のメリットを十分に享受できる一戸建てという選択肢を入れてみませんか。

※調査概要
調査時期:2020年5月 調査方法:インターネット調査
調査対象:全国の20~49歳の小学生以下の子どもがいる男女300名(男性150名、女性150名)

作成日:2020年11月19日

  • コモンクラブColumn インデックスへ

Page Top