オープンより2カ月

2010年9月30日

おかげさまで、金沢駅西展示場はオープンから二カ月が経過しました。
7月31日のプレオープンからの2ヶ月で、なんと575組ものお客様にお越しいただきました。

この駅西展示場は「Be Sai+e」という新商品を採用しており、
最初はスタッフの私たちも手探りの部分もありましたが、
たくさんのお客様をご案内させていただく中で、
ようやくお客様にお伝えすることの内容が固まってきたように思います。
何より印象的なのは、初めて積水ハウスをご覧になるお客様はもちろん、
お得意先の業者様や、今までに積水ハウスをお建てになっていただいたオーナー様も、
展示場を見て「今までの積水ハウスにはなかった新しい良さ」を感じていただいていることです。

今はまだ2カ月ですが、3か月、1年、2年と、月日がたつにつれ、
金沢の街でこの展示場が積水ハウスの新しいイメージの一つになっていけばと思います。 私たちスタッフ一同も、どんどん新しい知識や情報を吸収しながら、来ていただいた全ての方に満足していただける展示場作りを目指します。
10月以降も楽しいイベントを随時企画しますので、ぜひ皆さんお気軽に、お立ち寄りください(^-^)

オープン御礼

2010年8月1日

昨日と本日、長らくお知らせしてまいりました、積水ハウスの「新 駅西展示場」がようやくオープンし、
お客様をご案内させていただくことができました。

この土日の2日間に82組のお客様のご来場を頂きました。


外観がコチラ。

今まで大手住宅メーカーではなかなかできなかった、本格的な和風のシルエットです。
正面左の下屋部分には分かりづらいですが太陽光パネルが載っています。
この「分かりにくい」のが積水ハウスの太陽光のミソ。瓦一体型のため目立ちにくく外観を損ねません。

今回の展示場のテーマの一つが、「家の中と外とのつながり」です。
このお庭は庭の専門家が下草の一本一本までこだわりぬいた入魂の庭。
家の中から眺めれば違いに気づいてもらえるかと思います。


玄関です。

左が土間収納上り框には間接照明。ちなみにここも含め、この展示場の明かりはすべてLEDです。
内装はシンプルで明るい色使いです。

端から端までとコーナーの1枚で、大開口を実現したリビング。
これだけ窓をとっても大丈夫なのは柱や壁などの構造が強いから。
さんさんと陽が入るこの空間はとにかく気持ちいいのでぜひソファに座って体感してください。


今度はダイニング越しにリビングを。LDKで27畳ととっても広いんです。


こちらが2階のホール。お子さんの宿題や家族のだんらんに。
隣の子供部屋とは建具(ドア)で仕切れます。

まだまだ、まだまだ、お見せしたい所はいっぱいなのですが、
全部紹介しているとすごいことになってしまうのはこのあたりで。
8月は毎週イベントを開催しているので夏休みのお出かけに、ぜひ皆様でお越しください☆

P.S 今度の週末8/7・8(土・日)は「エネオス・エネゴリ・エネファーム」でおなじみの
「エネゴリくん」がやってきます。
太陽光や、話題の「ヘルシオ」搭載のIHクッキングヒーターや
LED照明など最新の設備の説明会を開催します。

間もなく完成、そしてオープンのご案内

2010年7月24日

新展示場のオープン日が近づいてきました。
オープンするのは7月31日。
積水ハウスの駅西展示場は7月31日のオープンです。

オープンを記念して7月31日(土)と8月1日(日)のオープン初週~お盆の8/15まで普段お世話になっている方、
今までに積水ハウスを建てて頂いた方を主な対象に、抽選会を行います。

一位は何と、
今話題の「ダイソン 羽根のない扇風機」

二位も何と、
これまた話題の「マジックボール」

三位以下も何と、
「タジン鍋」「ドーナツメーカー」「クレープメーカー」

を一週間後の7月31日に控え、工事もますますヒートアップ。
どんどん建物ができてきています。
こちらがその写真。


リビングからダイニング。何やらウッディなキッチンです。


二階のホールのスタディコーナー。いっぱい本が収納できそう。


ダイニングから眺める坪庭。RC(コンクリート)のデッキが新鮮です。緑がとっても映えそう。
外構の工事が楽しみです。

まだ工事が残っていますが、お客様を迎える7/31日には、きれいに仕上がる予定ですので、皆様是非お越しください。
スタッフ一同お待ち申し上げております。

解体がはじまりました

2010年5月14日

photo: 写真タイトル

GWが終了し、展示場の解体が始まりました。
延べ床面面積で80坪以上と広い家のため解体も大仕事。
また、鉄骨造の住宅のため、パワーショベルで一気に…とはいかず、まずは内装を壊して、少しずつバラしていくことになります。以下がその現場の写真です。


壁のボードが外されむき出しになった断熱材。


8年ぐらいでは鉄骨には何の変化もありません。

今までお世話になってきた展示場が、目の前で解体されていく様子を見るのは、寂しいような、切ないような、何とも言えない感慨があります。
建て替えのため何十年も住んだ家を解体するときのお客様の気持ちが、ほんの少しですがわかったような気がしました。解体業者さん、大事に壊してやってくださいね!

もうしばらく解体は続きます。次回は新しい展示場の姿を少しだけご紹介しますので、どうぞご期待下さい。

はじめまして

2010年4月30日

はじめまして、積水ハウス金沢駅西展示場の田中と申します。

ゴールデンウィーク後に、8年間に渡って皆様にご愛顧いただいた現在の展示場の解体、そして新しい展示場の建築を控え、この度このようなBLOGを開設させていただくこととなりました。

このBLOGで、展示場が生まれ変わるまでの工程や、イベント情報、その他私たち駅西展示場のメンバーの素顔や日々感じたこと…などなど、日頃お世話になっている方や、オーナー様、お住まいづくりを検討中の方などへの情報の発信、コミュニケーションの手段として役立てていければと考えております。 これから1週間に1回程度更新していきますので、よろしければぜひ覗いてみてください。

↓写真は現在の展示場のリビング(吹き抜けから差し込む光が印象的な空間です)
photo: 写真タイトル