医療・介護事業での土地活用は、社会に応える価値ある土地活用の選択です。

いち早く高齢化が進んだ地方部に続き、都市部でも急速に高齢化が進行しています。高齢者が安心して暮らせる住宅・施設の整備が急がれているものの、まだまだ十分とはいえません。

都市部で加速する日本の高齢化

都市部で加速する日本の高齢化

また、国と自治体の主導で、生活圏内で必要なケアを受けるための基盤となる高齢者のための住まいと医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される「地域包括ケアシステム」の整備が、進められており、高齢者住宅・施設を供給する土地活用は、社会的に大きな意義があります。

地域包括ケアシステムのイメージ

積水ハウスが全国で手がけたサービス付き高齢者向け住宅、その登録実績は1万戸を越え、広く支持されています。快適に、安心に、そして、いくつになっても自分らしく暮らせる高齢者のためのよりよい「住まい」をこれからも提供していきます。

介護系土地活用の実例紹介
  • ヴィラ・プランタン おかやま

    岡山県 事業者:中谷興運株式会社様

  • ほたるの里 宝塚南口

    兵庫県 事業者:株式会社ほたるの里様

  • カーサフェリーチェ

    茨城県 事業者:医療法人幕内会様

  • 花憩庵

    岩手県 医療法人社団 創生会様

  • はたのリハビリふるさと

    広島県 医療法人 長寿会様

  • ミモザ白寿庵足立江北

    東京都 ミモザ株式会社様

  • シノン青葉台

    神奈川県 事業者:しのはらA&M株式会社様

  • 尾道いちょうの樹

    広島県 事業者:山源山乃花株式会社様

医療・介護建築を支えるアイデアと技術