堀井乳腺クリニック

群馬県館林市

医院専用

診療科目: 乳腺外科/内分泌外科

全国的にもまだ少ない乳腺外科に特化し、女性が来院しやすいように配慮。

乳ガンは経過観察が長いことから、
一人ひとりの患者さんとのつながりを考えて独立

乳ガンは術後約10年もの経過観察が必要とのことで、「勤務医時代は転勤や異動で患者さんと途中で離れることも多かったが、経過をきちんと見守りたい」と独立。医院づくりは、多忙なドクターに代わって事務長である奥様が活躍されました。患者さんをおもてなしする感覚で、女性ならではの気配りが行き届いた医院は「エステみたい」とクチコミでの来院も多いそうです。

設計概要

用途:医院専用

敷地面積: 1701.38㎡

1F床面積: 199.14㎡

2F床面積: 99.26㎡

延床面積: 298.40㎡

医院部分面積: 298.40㎡

駐車場台数: 19台

担当支店

両毛支店

フォトギャラリー
施設図面
積水ハウス 担当者のコメント

事務長は普通の医院にはない発想をなさる、プロデューサーのような方。いつも明るく、私たちまで元気になるようでした。ドクターも事務長も、医療・介護推進事業部を含めた積水ハウスのチームワークを評価くださったと思います。また、事業計画では会計士の先生とも連携し、トータルにサポートできることにご満足いただけました。

営業担当:売野 広行

これまで多数の医院を設計してきましたが、もっとも女性目線を意識した一棟です。患者動線とスタッフ動線を分離するというスタンダードなプランニングを基本としていますが、玄関ホールや待合室のゆとりなどは、「患者さんのくつろぎを大切に」と事務長が重視されたところです。事務長の明確なイメージにそったご提案ができたと思います。

設計担当:有賀 好知