本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

社会

労働慣行

施工現場での労働安全衛生活動

積水ハウスグループでは、施工従事者が安全で健康に働くことができるよう「全社施工安全衛生年間計画」を作成し、法令遵守はもとより、当社施工現場のリスクに併せ自主的な取り組みや安全教育を、PDCAサイクルに定め、継続的に実施しています。

2017年度は「重大な災害を起こさない」「災害増加に歯止めをかける」を重点対策としました

すべての施工従事者の労働安全衛生の確保は、当社グループの社会的責任であり、重点的に取り組むべき項目の一つと考えています。当社グループでは施工従事者が安全に安心して働くことができるよう、2017年度の「全社施工安全衛生年間計画」で「重大な災害を起こさない」「災害増加に歯止めをかける」を重点対策としました。結果、2017年度は労働災害発生件数を減少させることができました。

2017年度 災害発生状況

  • 施工現場での労働災害発生件数は前年度比2割強の減となり、墜転落災害も減少しました。ただし、脚立や作業台、ハシゴ等の昇降用具からの墜転落が4割以上を占め、「身を乗り出す」「整理整頓しない」「短いハシゴを使用する」等のヒューマンエラーによるものが多く、一方的な指示により不安全行動を是正するだけでなく、作業者の自発的行動を促す的確な対応が必要であると認識し、取り組んでいきます。
  • 外部足場は適正な足場設置が進み、足場使用者にも「足場組立等特別教育」を実施し、モノ・ヒト両面からの対応で減少しました。
  • 重機の横転等は作業者だけでなく、近隣をも脅かします。計画段階での重機の選定、定格荷重を守る等、モノ・ヒト両面から啓発しています。
  • 夏場の建設現場では熱中症の発生リスクが高まります。勉強会や塩飴等の対策だけでなく、2017年から屋外作業者に空調服の着用を推奨し、熱中症が3割減少しました。「空調服は涼しい」と評判もよく作業効率も上がるため、来期も推進していきます。
  • 建物解体等、建物の仕上げに使用された石綿含有建築用仕上塗材の飛散防止対策は、関係省庁の基準に沿って説明会を開催し対応しました。

写真:2017年夏期労働災害防止特別計画ポスターおよび空調服(1)

写真:2017年夏期労働災害防止特別計画ポスターおよび空調服(1)

2017年夏期労働災害防止特別計画ポスターおよび空調服

2018年度も「重大な災害を起こさない」および「災害減少傾向」を継続します

写真:2018年度スローガンポスター

2018年度スローガンポスター

労働災害増加に歯止めがかかった昨年を受けて、2018年度「全社施工安全衛生年間計画」では、各営業本部、各事業所にて、不安全行動の徹底排除、点検・作業手順・整理整頓、同種災害の防止の三つの観点から、災害防止対策を推進します。

2018年スローガン

「点検」「手順」が作業の基本 しない させない 不安全

2018年度 施工安全衛生年間計画の骨子

  • 主たる実施項目(重機災害・重機事故防止、墜転落災害防止、熱中症予防)は、不安全行動および不安全状態の排除を念頭におき、各事業所で独自の重点実施対策を決めて実践する。
  • 中層住宅の建物外周部の手すりを標準化し、墜転落災害を防止する。
  • 熱中症予防の空調服は、2018年度もさらに推進する。
  • 同種災害(同じ型、同じ起因物の災害)の防止のため、各事業所で以前に発生した災害の再発防止対策を周知徹底し、実践、定着を見届け、同種災害を阻止していく。

ダウンロードライブラリ

Sustainability Report 2018

CSV(共有価値の創造)に向けた取り込み

  • エコ・ファーストの約束
  • ダイバーシティの推進
  • 従業員との共同寄付制度 積水ハウスマッチングプログラム
  • 天空美術館
  • エコ・ファーストパーク
  • 5本の樹野鳥ケータイ図鑑
  • 積水ハウスの公式Facebook
  • 積水ハウス50年史