本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

社会

バリューチェーンを通じた顧客満足の追求

参加・体験型施設 「住まいの夢工場」、「住ムフムラボ」

多くのステークホルダーとの意見交換は、CSR活動を推進するに当たって新たな発見が生まれる良い機会と考えています。「住まいの夢工場」や「住ムフムラボ」などで、さまざまな有識者、お客様、市民、投資家、研究者、行政、大学、企業関係者との意見交換に努めています。

体験型施設「住まいの夢工場」

地震や火事などの疑似体験を通して、納得のいく住まいづくりを考えていただける体験型施設「住まいの夢工場」を全国5カ所に設置し、学生の体験学習を受け入れています。

「住まいの夢工場」では、防災・防犯など、住まいの安全と安心、ユニバーサルデザイン、快適な暮らしと環境、エネルギーなどのテーマを掲げ、楽しみながら体験学習ができるよう、さまざまな工夫をしています。全国5カ所の夢工場では、小・中学生をはじめ、学生たちが「住生活」について学ぶ体験学習の場としても活用されるものもあります。例えば、積水ハウスが提供する体験学習プログラムの一つに、震度7クラスの揺れを再現する地震体験があります。この体験を子どもたちが家族に話すことで、各家庭の防災意識が向上するなどの波及効果も期待されます。

「住まいの夢工場」での体験が、将来的に災害に強い住まいやまちづくりにつながることを願い、今後も多くの学生たちの体験学習の場として活用していただくよう考えています。

地図

1 東北 住まいの夢工場 宮城県加美郡色麻町大原8番地
2 関東 住まいの夢工場 茨城県古河市北利根2
3 静岡 住まいの夢工場 静岡県掛川市中1100
4 関西 住まいの夢工場 京都府木津川市兜台6-6-4
5 山口 住まいの夢工場 山口県山口市鋳銭司5000

ステークホルダーとの「共創」による、情報受発信・研究開発の拠点「住ムフムラボ」

「SUMUFUMULAB(住ムフムラボ)」は、さまざまなステークホルダーと共に新たな住文化を創造するオープンイノベーション拠点。2013年4月から大阪駅前「グランフロント大阪」の知的創造拠点「ナレッジキャピタル」で活動しています。「生きるコトを、住むコトに。」をテーマに、人生を豊かにするために「住む」時間をより大切に感じていただきながら、新たな暮らし方を共創していく拠点として、積水ハウス総合住宅研究所が運営しています。あらゆる世代や価値観の方々が集う“うめきた”で、「生活者(お客様)」をはじめとするステークホルダーと当社が「感性を磨き」「私らしさを発見」できる情報受発信拠点であり、これらの方々との「共創」による研究開発拠点としての活動を進めています。

家族形態や働き方、コミュニティの多様化、環境共生や健康意識の高まりなど、暮らしを取り巻く社会が大きく変化している中、従来の住宅の概念を超えて、どのように住むのかを考えることが、豊かで快適な人生を送るための大切なファクターです。便利さだけの追求ではなく、現代に合った潤いのある暮らしを再発見し、新しい生活作法を創っていくことが、誰もが「いつもいまが快適」という生涯住宅思想を掲げる当社の役割だと考え、業界で初めての施設として運営しています。

住まいや暮らしに関するさまざまなテーマを取り上げ、来館者が自由に触れることができるデジタル系コンテンツや診断コンテンツなどの展示も充実。来館者に楽しんでいただきながら、さまざまな調査研究に参加いただき、併せて住まいが持つさまざまな価値や可能性に気付いていただいています。また、生活や暮らしを豊かにしてくれるテーマに関するワークショップやイベント等に参加いただくことでも、さまざまな気付きを得ていただいています。

2018年7月には、施設をより分かりやすく紹介するためにWEBサイトを大幅にリニューアルし、またWEBアンケートを随時実施するなど、コンテンツも充実させました。

写真:収納とインテリアに関する展示

収納とインテリアに関する展示

写真:防犯に関する展示

防犯に関する展示

多くの方々にご愛顧いただき、開設から5年9カ月に当たる2019年1月末時点で、延べ来場者数が72万人に達しました。さらに、会員として登録いただいた「住ムフム研究メンバー」も2万5000人を超え、多くの生活者、多様なステークホルダーとの「共創」に基づく研究開発も着実に進んでいます。

図:「住ムフムラボ」

写真:「住ムフムラボ」(1)

写真:「住ムフムラボ」(2)

2018年度の実績(2018年2月1日~2019年1月31日)

研究ワークショップ・トークイベント・セミナー等の開催実績

来館者をはじめ、「ナレッジキャピタル」に出展する他企業や多様なステークホルダーと協働し、研究ワークショップ・企画展・トークイベント・ワークショップ等を開催し、多くの方に参加いただきました。

住ムフムラボでの取り組み

研究ワークショップ

  • 「IoTで変わる!これからの健康なくらしとは。」
    (住ムフム研究メンバーにIoTを活用した健康に関するニーズをグループインタビュー)

    写真:「IoTで変わる!これからの健康なくらしとは。」

トークイベント

  • 「インスタ映えする自然素材。吉野杉の魅力を知る」
  • 「暮らしを楽しむちょっとした工夫」
    (紙を使ったインテリアやテーブルコーディネートの実践を紹介)

    写真:「暮らしを楽しむちょっとした工夫」

ワークショップ

写真:「ブーケづくりやローズティーで和バラを愉しむ」

「ブーケづくりやローズティーで和バラを愉しむ」
(生活を彩る和バラの活用)

写真:「パーソナルカラー講座」

「パーソナルカラー講座」
(自分に似合う色をインテリアに活かす)

写真:「折りたたみイスづくり」

「折りたたみイスづくり」
(親子でDIY体験)

共創プログラム「対話のある家」(2018年2月~2019年1月)

住ムフムラボ開設以来、ダイアログ・イン・ザ・ダークとの共創プログラム「対話のある家」を長期開催しており、2019年1月末時点で累計1万8000人を超える方に体験いただきました。

季節ごとに毎回違うテーマ、違うプログラムで開催し、何度も参加されるリピーターも多く、体験するたびに新しい発見が得られるとの声をいただいています。

4月から6月には5周年特別コンテンツとして「Gardening in the dark」を開催。体験者は暗闇の中で、将来の成長を想像しながら実のなる木を植えました。

また、7月、8月には昨年に引き続き、夏休み特別プログラムとして、「対話のある家」を体験したあとに、ダイアログ・イン・ザ・ダークのアテンドの指導のもと、親子で点字体験をしていただく「夏休みくらやみ教室」を開催しました。

  • ※ 「対話のある家」の詳しい情報はこちらから
【関連項目】

ダウンロードライブラリ

Sustainability Report 2019

~ESG経営による持続的な成長に向けた価値創造の取り組み~

  • エコ・ファーストの約束
  • ダイバーシティの推進
  • 従業員との共同寄付制度 積水ハウスマッチングプログラム
  • 天空美術館
  • エコ・ファーストパーク
  • 5本の樹野鳥ケータイ図鑑
  • 積水ハウスの公式Facebook
  • 積水ハウス50年史