本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

社会

社会貢献活動

従業員と会社の共同寄付制度「積水ハウスマッチングプログラム」

従業員と積水ハウスとの共同寄付制度「積水ハウスマッチングプログラム」を2006年度より開始し、サステナブル社会の構築に寄与する社会的活動を担うNPOなどの団体を支援しています。2019年度は、合計31団体3024万円の助成を実施しました。

ロゴ:「積水ハウスマッチングプログラム」

当社は、従業員と当社との共同寄付制度「積水ハウスマッチングプログラム」(会員数約5200人)を2006年度から開始し、サステナブル社会の構築に寄与する社会的活動を担うNPOなどの団体を支援しています。この制度は、従業員が給与から、希望する金額(1口100円)を積み立て、それに会社が同額の助成金を加えて寄付する仕組みです。「こども基金」と「環境基金」の二つの基金をはじめ、2011年には東日本大震災による震災遺児を経済支援する「もも・かき育英会基金」を設置。そして2015年には制度創設10年を節目に、「住・コミュニティ基金」を設置しました。「こども基金」「環境基金」「住・コミュニティ基金」については、会員代表で構成する理事会で支援先を決定しています。

2019年度は、SDGsにつながる活動を中心に、「こども基金」17団体(プロジェクト助成16団体・基盤助成1団体)に1704万円、「環境基金」12団体(プロジェクト助成12団体)に1110万円、「住・コミュニティ基金」2団体(プロジェクト助成2団体)に210万円の合計31団体3024万円の助成を実施。また、「もも・かき育英会基金」では、2018年度に1430万円(累計:9680万円)を寄付。これまで延べ317団体に3億5000万円を超える助成を実施しています。

「積水ハウスマッチングプログラム」の仕組み

図:「積水ハウスマッチングプログラム」の仕組み

団体に対する基礎的支援「基盤助成」も実施

申請があった個々のプロジェクトに対して助成する「プロジェクト助成」と、団体のインフラ整備、活動の質の向上、会員拡大などの取り組みに助成する「基盤助成」の2種類を実施しています。「基盤助成」は、資金使途に制約が少なく、団体の基盤強化に幅広く活用できることから、これまでに基盤助成を実施した団体からも好評です。

また、基盤助成団体に対しては、協働事務局の社会福祉法人 大阪ボランティア協会による「基盤的支援」にかかわるヒアリング、コンサルティングを行っています。

2019年度 助成団体 助成時の内容

プロジェクト助成(こども基金)・・・団体からの申請プロジェクトに助成

団体名 プロジェクト名 助成金額 関連するSDGs
NPO法人 アスペ・エルデの会 子育てに難しさを感じる子どもの保護者支援のための支援者養成 100万円 3. すべての人に保健と福祉を
認定NPO法人 アトピッ子地球の子ネットワーク 子ども食堂スタッフ、食物アレルギーがある高校生や学生のための「安全安心応援プロジェクト」 120万円 3. すべての人に保健と福祉を
認定NPO法人 ESAアジア教育支援の会 ESAゾウさん文庫プロジェクト 100万円 4. 質の高い教育をみんなに
NPO法人 イカオ・アコ 小学校に安全な水を提供するための雨水再利用システムの構築プロジェクト 200万円 6. 安全な水とトイレを世界中に
NPO法人 関西NGO協議会 SDGs達成に向けて~高校生による国際協力EXPOを通じた人材育成事業と学生サポーター立ち上げ 100万円 4. 質の高い教育をみんなに
子育てメイト さくらんぼくらぶ 日本一小さな村の 日本一気楽で あったかい子育てサークル さくらんぼくらぶ 40万円 11. 住み続けられるまちづくりを
NPO法人 コドモ・ワカモノまちing 子どもの1/1の命を“本気”で守る防災
~防災あそび・教科防災・行事防災のシェア~
150万円 4. 質の高い教育をみんなに
認定NPO法人 CPAO 週末里親プロジェクト
~こども食堂を越えて・生活丸ごとサポートへ~
100万円 1. 貧困をなくそう
NPO法人 Japan Hair Donation & Charity 寄付された毛髪で製作する『フルオーダーメイド小児医療用ウィッグ』無償提供プロジェクト 120万円 3. すべての人に保健と福祉を
認定NPO法人 3keys 「Mex(ミークス)」全国版化に伴う活用促進に向けた啓発セミナー開催と団体ネットワーク構築 120万円 1. 貧困をなくそう
NPO法人 Nagomi Visit 親子で踏み出す国際交流の第一歩
~Eラーニングによる異文化理解と行動の促進~
80万円 4. 質の高い教育をみんなに
認定NPO法人 日本レスキュー協会 病気と必死に闘う未来を担う子供たちにセラピードッグがやる気と笑顔を届けるプロジェクト 130万円 3. すべての人に保健と福祉を
認定NPO法人 フードバンク山梨 「フードバンクこども支援プロジェクト 困窮世帯の子どもたちへの学習支援と食育」事業 80万円 1. 貧困をなくそう
認定NPO法人 ファミリーハウス 患者家族滞在施設におけるボランティアの利用者対応力養成プロジェクト 120万円 3. すべての人に保健と福祉を
NPO法人 みやぎ・せんだい子どもの丘 絵本作家“荒井良二”と描く
福島~未来のわたしたちのまち~
80万円 11. 住み続けられるまちづくりを
NPO法人 もりの学舎自然学校 植物のチカラ、生きもののチカラ 50万円 13. 気候変動に具体的な対策を

プロジェクト助成(環境基金)・・・団体からの申請プロジェクトに助成

団体名 プロジェクト名 助成金額 関連するSDGs
一般社団法人 あきた地球環境会議 SDGs達成へ~みんなの声をのせて~世界へ広がれ!「ちきゅう博士」誕生プログラム 100万円 13. 気候変動に具体的な対策を
ウータン・森と生活を考える会 インドネシアの村人主体の「オランウータンの棲める」在来種の森づくり 150万円 15. 陸の豊かさも守ろう
NPO法人 環境とくしまネットワーク 過疎地域における自然エネルギーを活用した、次代をつくるプロジェクト…四国東部廃校活用編 70万円 7. エネルギーをみんなに、そしてクリーンに
グラウンドワーク大山蒜山 蝶と野鳥の宝庫「大山」山麓のモザイク環境の再生による希少野生生物群の保護 80万円 15. 陸の豊かさも守ろう
NPO法人 山村塾 豪雨災害からの復興を目指し、里山や棚田の保全に取り組む国際ボランティア合宿 80万円 15. 陸の豊かさも守ろう
一般社団法人 自然エネルギー信州ネット 「みんなでつくる信州エネルギーフェスタ」in松本&白馬
地域エネルギー計画の住民ワークショップ
70万円 11. 住み続けられるまちづくりを
NPO法人 地球と未来の環境基金 持続的な森林保全の基盤づくりを目指した市民とステークホルダー連携による森づくり事業 100万円 15. 陸の豊かさも守ろう
認定NPO法人 トゥギャザー 障害者福祉事業所・グループホームで花と緑でコミュニティ&工賃向上 100万円 11. 住み続けられるまちづくりを
NPO法人 フェア・プラス アバカフェアトレード商品を通じた、フィリピン農村の自然環境保護、環境教育と技術伝承への支援 100万円 1. 貧困をなくそう
真庭遺産研究会 清流の環境をつなぐ水と緑の回廊の再生による日本最大のオオサンショウウオ生息地の復活事業 80万円 15. 陸の豊かさも守ろう
NPO法人 緑のダム北相模 相模湖・若者の森づくり、「知足の森」森林整備活動 50万円 15. 陸の豊かさも守ろう
NPO法人 森のライフスタイル研究所 千葉県山武市蓮沼殿下海岸林の再生
~海岸林の機能強化をめざした林帯幅拡張活動 最終章~
130万円 15. 陸の豊かさも守ろう

プロジェクト助成(住・コミュニティ基金)・・・団体からの申請プロジェクトに助成

団体名 プロジェクト名 助成金額 関連するSDGs
認定NPO法人 アサザ基金 過疎地域の小中学校の総合学習と地域住民が連携した古民家再生事業 100万円 11. 住み続けられるまちづくりを
NPO法人 パクト 陸前高田の親子を対象にしたコミュニティスペース・「みちくさハウス」の運営 110万円 3. すべての人に保健と福祉を

基盤助成・・・団体のインフラ整備、活動の質の向上、会員の拡大など今後の発展に期待して助成(上限20万円)

こども基金
NPO法人 フードバンクふくい

これまでの助成実績(プロジェクト助成・基盤助成)の合計金額

  こども基金 環境基金 住・コミュニティ基金 合計
金額 団体数 金額 団体数 金額 団体数 金額 団体数
2015年度 1,218万円 12 1,060万円 13 - 2,278万円 25
2016年度 1,350万円 13 864万円 11 170万円 2 2,384万円 26
2017年度 1,505万円 16 1,149万円 13 101万円 2 2,755万円 31
2018年度 1,450万円 15 1,034万円 12 150万円 2 2,634万円 29
2019年度 1,704万円 17 1,110万円 12 210万円 2 3,024万円 31

社外からの評価

ロゴ:KIDS DESIGN AWARD 2010

2010年
第4回キッズデザイン賞(ソーシャルキッズサポート部門)受賞
(主催:NPO法人 キッズデザイン協議会)

制度創設10年記念冊子を発行

写真:記念冊子

2015年度で、「積水ハウスマッチングプログラム」が制度創設10年目を迎えたことを節目に、記念冊子を発行。「こども基金」「環境基金」から助成した各4団体を紹介し、助成金を受けての活動内容、会員に向けたメッセージを掲載しています。他にも、理事会の様子や理事メンバーの顔写真、コメントを紹介するとともに、過去10年間の助成団体、助成実績を一覧やグラフで表現し、10年間の実績を掲載しています。

全ページ閲覧 → click

ダウンロードライブラリ

Sustainability Report 2019

~ESG経営による持続的な成長に向けた価値創造の取り組み~

  • エコ・ファーストの約束
  • ダイバーシティの推進
  • 従業員との共同寄付制度 積水ハウスマッチングプログラム
  • 天空美術館
  • エコ・ファーストパーク
  • 5本の樹野鳥ケータイ図鑑
  • 積水ハウスの公式Facebook
  • 積水ハウス50年史