本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

社会

社会貢献 | 住文化向上

住まいづくりに関する教室を開催

積水ハウスでは、住まいと暮らしに関心のある方々を対象に「すまい塾」を開設し、「こだわり講座」と「公開講座」へ参加いただいています。また、NPO「西山夘三記念 すまい・まちづくり文庫」に、総合住宅研究所の一画を提供し、活動を継続支援しています。

体験や実例見学ができる「すまい塾」を開催

写真:「こだわり講座」の車いす体験学習

「こだわり講座」の車いす体験学習

当社では、住まいと暮らしに関心のある方々を対象に、「すまい塾」を開設しています。

「すまい塾」は1992年、総合住宅研究所にある「納得工房」でスタートしました。納得工房は住まいに関するあらゆる体験を通じて「理想の住まい」を発見できる施設。自分にふさわしい住まいのイメージを、「知る」「分かる」「納得する」というプロセスを通じて組み立てていくことができます。「すまい塾」には「こだわり講座」と「公開講座」の二つがあり、どなたでも受講していただくことができます。

「こだわり講座」では、2~3カ月間同じ参加者が継続的に講座を受講することで、体験学習や実例見学を通じて住まいに関する基礎知識を幅広く身につけるとともに、家族の暮らし方や夢を整理し、こだわりの住まいづくりを見つけていただくことを目的としています。講師は各分野の専門家が担当しています。

「公開講座」は、地域のつながりの場を強めることを目指し開講している市民講座。住文化向上の一環として住まいと暮らしにかかわりのある多彩なテーマを取り上げ、「その道のプロ」である講師を社内外から招き、講演形式で実施しています。また、過去の講義録はホームページからご覧いただくこともできます。

2018年1月までに、「こだわり講座」には880人、「公開講座」には1万7626人の方が参加しています。

西山夘三記念 すまい・まちづくり文庫

写真:積水ハウス総合住宅研究所内に設置「西山夘三記念 すまい・まちづくり文庫」

積水ハウス総合住宅研究所内に設置
「西山夘三記念 すまい・まちづくり文庫」

建築学者で日本の住宅学を切り拓いた京都大学名誉教授、故西山 夘三氏が、生涯にわたって収集・創作した研究資料約10万点を整理・保管するNPO法人「西山夘三記念 すまい・まちづくり文庫」(京都府木津川市6丁目6-4、積水ハウス総合住宅研究所内、以下「西山文庫」)。多くの優れた研究者の貴重な資料も、その引退や死去によって散逸、消滅することが多い中で、日本でも稀有な事例であるため、当社は総合住宅研究所の一画を提供し、西山文庫設立当初から活動を支援しています。2017年11月に西山文庫はオープンから20周年を迎えました。

西山氏は学者としての多くの論文、著書、学術資料だけでなく、自らの足で全国津々浦々、あらゆる階層の人々の住まいと暮らしを取材して、膨大な資料を収集し、自筆のスケッチや写真も残してこられました。その多くは今となっては入手することができない一級資料や原資料となっており、海外を含むさまざまな人々に活用されています。また、住宅・まちづくり関連の学位論文を幅広く収集しています(2013年度までに刊行された学位論文418冊)。

こうした社会的に貴重な文化的財産である西山氏による研究・創作資料を後世に残し、その精神を受け継ぎ次代の研究者などに提供し育てるということが「西山文庫」の使命であり、毎年さまざまな成果を上げています。その他、西山文庫では次のような活動をしています。

  • 文庫資料を活用した出版活動

    文庫が保管・管理している資料を広く社会で活用してもらうために、文庫がかかわって編集・発行している出版物としては下記のものがあります。それらは、西山氏の遺稿、西山氏の多面的な業績の学術的解析・評価、所蔵資料の復刻、西山氏が記録した写真資料、などです。最近では、2015年度発行の「軍艦島の生活<1952/1970>住宅学者西山夘三の端島住宅調査レポート」創元社は、世界遺産指定を期に多くの軍艦島本が出る中でも、特に好評を得ています。

    • 安治川物語-鉄工職人夘之助と明治の大阪:西山 夘三著、日本経済評論社、1997年
    • 西山夘三とその時代-西山文庫資料解題:非市販本、2000年
    • 住宅営団:戦時・戦後復興期住宅政策資料第1巻~第6巻:日本経済評論社、2000-2001年
    • 幻の住宅営団・戦時・戦後復興期住宅政策資料目録・解題集:日本経済評論社、2001年
    • 西山夘三の住宅・都市論:日本経済評論社、2007年
    • 昭和の日本のすまい-西山夘三写真アーカイブスから:創元社、2007年。2017年重版。
    • これからのすまい-住様式の話(復刻版):相模書房、2011年
    • 軍艦島の生活<1952/1970>住宅学者西山夘三の端島住宅調査レポート:創元社、2015年

    また、2017年秋のフォーラムで講演いただいたカローラ・ハイン教授(オランダ・デルフト工科大学)が、西山氏の著作の英訳本を出版されました。

    :Reflection on Urban. Regional, and National Space: Three Essays, Uzo Nishiyama, Routledge, 2017.11

    写真:軍艦島の生活<1952/1970>住宅学者西山夘三の端島住宅調査レポート

    写真:昭和の日本のすまい-西山夘三写真アーカイブスから

    写真:Reflection on Urban. Regional, and National Space

  • 所蔵資料の公開・提供

    大学や研究所、市民などさまざまな分野の方、また海外からも所蔵資料の閲覧・提供、調査研究資料としての活用などの依頼があり、幅広く提供しています。2016年度には、「西山夘三がみた戦後の炭鉱-日本を代表する住宅学者による炭鉱と「住まい方」の記録-」(NPO法人炭鉱(ヤマ))の記憶推進事業団主催、岩見沢市)の展示と講演会開催に協力しました。読売新聞(2016年11月17日夕刊)に掲載された「ユメと熱情のころ 20世紀File.063 食寝分離論」の取材・資料提供に協力しました。

    2017年度には、西山氏がほぼ毎日つけていた約400冊の日記・日録を読み解く調査研究が、大学研究者と協力して始まりました。文庫所蔵資料を中心として、LIXILギャラリー(大阪、東京)が、展示会「超絶記録!西山夘三のすまい採集帖」を大阪(2017年6~8月)、東京(同9~11月)で開催しました。1万人を超える入場者があり、読売新聞、朝日新聞など多くのマスコミにも取り上げられ、大きな反響を呼びました。また、同ギャラリーが発行した『超絶記録!西山夘三のすまい採集帖』も好評です。なお、所蔵資料を検索できるデータベースをホームページ上に設けています。

    写真:LIXILギャラリー

    写真:『超絶記録!西山夘三のすまい採集帖』

  • ニュースレターの発行

    会員と文庫活動を結ぶため毎年3回、定期的にニュースレターを発行しています。

  • 夏の学校の開催

    毎年夏に開催しています。全国の大学生・院生を対象としたフィールドワーク、ワークショップ等によるサマースクールです。2016年度は中国・桂林市で、桂林理工大学と名城大学(名古屋市)の協力で開催しました。世界遺産でもある桂林の自然景観を楽しむだけではなく、1000年以上続く歴史的集落の保存修景やニュータウン開発などを見学し、桂林理工大学の学生とのワークショップも行いました。

  • 人と住まいと社会を考える研究部会の開催

    積水ハウス総合住宅研究所と西山文庫のメンバーによる共同研究会を2004年度から開催してきました。これまでは、「人口減少時代の諸相」、「21世紀における居住者のライフスタイル動向と住宅・住宅地の行方」、「変わる家族・変わらぬ家族/変わる住まい・変わらぬ住まい」、「人口減少時代を豊かにする住まいとまちの新しいマネジメント研究」といったテーマで研究を進めてきました。2016年度からは、これまでの12年間の活動蓄積を踏まえ、研究活動の諸成果をさらに社会に還元していくこととしました。そこで、積水ハウス・西山文庫メンバーによる定期的な研究部会活動を継続するとともに研究会活動と連動して、若手研究者による出版助成事業を始めました。具体的には、西山氏の目指した「人」と「住まい」の調和を謳った「人と住まい文庫」シリーズとして発行を行っています。2017年には下記の2冊を西山文庫が発行元となり、刊行しました。

    関川華『パリのガルディアンものがたり-フランス首都圏の共同住宅マネジメント』

    江國智洋・三浦史郎『大家と居住者の共生ものがたり』。

    写真:関川華『パリのガルディアンものがたり-フランス首都圏の共同住宅マネジメント』

    写真:江國智洋・三浦史郎『大家と居住者の共生ものがたり』

市民参加型フォーラム「すまい・まちづくりフォーラム関西21」に協力

2002年から開催している一般公開の「すまい・まちづくりフォーラム関西21」への協賛も「西山文庫」への支援の一つです。2017年度までに39回、本社のある梅田スカイビルや総合住宅研究所などで開催しています。「すまい・まちづくりフォーラム関西21」の開催趣旨は住環境にかかわる今日的な話題や歴史・文化的意味などについて検証し、21世紀の住まい・まちへ持続的発展につながる多彩な情報を発信して住文化の発展に貢献することです。

安全・安心なまちづくり、まちの再生、持続可能なまちづくりの実現などをテーマに、市民参加型のフォーラムは、毎回その分野のトップランナー諸氏による講演ということもあって、講演後の意見交流では講師と参加者の間で活発な討論となり、住まい・まちづくり文化の向上に一石を投じてきました。講演者にとっても西山文庫のフォーラムで話すことは知的刺激に富んだ機会と評価されています。

2017年度には、春と秋にフォーラムを開催しました。

◆春のフォーラム:「未来へ手渡す HOUSING POLICY」
―大阪の住宅・まちづくり政策史から

講師:
北山 啓三氏(元大阪市副市長)
主催:
NPO法人 西山夘三記念すまい・まちづくり文庫
協賛:
積水ハウス株式会社、積水ハウス梅田オペレーション株式会社
会場:
梅田スカイビル・タワーウエスト22階
開催日:
2017年6月14日

写真:講師:北山 啓三氏

講師:北山 啓三氏

写真:講演の様子

講演の様子

◆秋のフォーラム:「西山夘三の構想計画論を語る」

写真:講演の様子

講演の様子

「国土・都市の未来像を描く意味」

講師:
カローラ・ハイン氏(オランダ・デルフト工科大学建築学部教授)
コメンテータ:
広原盛明(京都府立大学名誉教授)、海道清信(名城大学教授)
コーディネーター:
中林 浩(神戸松蔭女学院大学教授)
共同主催:
NPO西山夘三記念すまい・まちづくり文庫、京都自治体問題研究所
会場:
コープイン京都
開催日:
2017年11月25日

写真:講師:カローラ・ハイン氏

講師:カローラ・ハイン氏

写真:コメンテータ:広原盛明氏

コメンテータ:広原盛明氏

ダウンロードライブラリ

Sustainability Report 2018

CSV(共有価値の創造)に向けた取り込み

  • エコ・ファーストの約束
  • ダイバーシティの推進
  • 従業員との共同寄付制度 積水ハウスマッチングプログラム
  • 天空美術館
  • エコ・ファーストパーク
  • 5本の樹野鳥ケータイ図鑑
  • 積水ハウスの公式Facebook
  • 積水ハウス50年史