本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

CSV戦略④

CSV戦略④

アフターサポートの充実による
住宅の長寿命化

グループ各社の連携によって、お客様の暮らしを長期にわたりサポート。
住まいの価値向上と資源循環につなげる

重要なステークホルダー:お客様、協力会社(素材メーカー、積水ハウス会、中間処理業者、解体業者)

背景

欧米に比べて資産評価が低い日本の住宅

日本における住宅投資の累計額(1969~2013年)は、約893兆円。これに対して住宅ストック資産の評価額は総計約350兆円と、投資額を540兆円以上も下回っています。これは、日本では築年数の経過につれて住宅の資産価値が急速に低減するために、住宅資産が欧米社会のようにストックとして積み上がっていないことを意味します。このことはマクロ社会・経済ベースでの大きな損失であるとともに、住宅が家計資産の中核を成すことを考えれば、個人の経済生活にも重大な影響を及ぼすものであるといえます。

SDGsにおいても、「持続可能な都市と居住の実現」(目標11)が重要なテーマとして挙げられており、安全・安心で快適な住まいが多世代にわたって継承されていく住文化を構築していくことによる、都市と暮らしの資産価値と持続可能性の向上が重要性を増しています。

住宅投資額の累計と住宅資産額の比較(日本)

グラフ:住宅投資額の累計と住宅資産額の比較(日本)

出典:国土交通省「中古住宅市場活性化ラウンドテーブル」平成25年度報告書

アプローチ

目指す姿

お客様にとって、社会にとって、住宅を「長期にわたる良質な資産」として維持

積水ハウスグループが目指すのは、住宅を「長期にわたる良質な資産」として育てることです。高い耐久性や快適性など、基本性能に優れた長く住み続けられる住宅を開発・提供するとともに、グループの連携によってストック住宅のリフォーム・リノベーションを積極的に推進し、時代とともに新たに生み出される多様なニーズに対しても、IoTをはじめハード・ソフトの両面からサービスの提案を充実させ「いつもいまが快適」な住まいを実現します。

また、高品質な住宅をつくり、適切なリフォーム・リノベーションを行い、社会資産として長期間利用することにより、投入する資源を削減でき、資源の有効活用につながります。住宅が社会の共有資産となるような市場を形成するとともに、発生する廃棄物の再資源化・ゼロエミッションを推進し、地球環境への負荷を抑えることで、循環型社会の実現に寄与していきます。

  • ※ 産業活動により排出される廃棄物・副産物すべてを資源として再活用し、社会全体として廃棄物ゼロを目指す考え方。積水ハウスグループでは「熱回収を伴わない単純焼却ゼロ・埋立処理ゼロ」をゼロエミッションと定めています。

活動方針

1. お客様の暮らしを長期にわたってサポートし、住宅の資産価値を維持・向上

「ライフステージを超えて住み継がれる住まい」を目指し、当社グループ各社が柔軟に連携して、個々のお客様にとっての最適なメンテナンスを提案します。

補修や設備の更新、快適性・利便性の向上などを目的とする「リフォーム」にとどまらず、大規模な改変や用途変更などを伴う「リノベーション」もニーズに応じて実施し、常に最高レベルの安全・安心・快適を提供することで、お客様の満足度を高めます。

2. 住まいにかかわる資源の有効活用により、循環型社会の形成に寄与

適切なメンテナンスによって住宅を長寿命化していくと同時に、社会に多く存在する優良なストック住宅の価値を適正に評価し、その流通を活性化させることで社会資産のロスを減らし、資源保護につなげていきます。さらにリフォーム・リノベーションの推進によって増加する廃棄物の再資源化・ゼロエミッションにも注力し、限りある資源を有効活用することによって循環型社会の形成に貢献します。

グループ連携によるお客様のライフステージに応じた安心のサポート

図:グループ連携によるお客様のライフステージに応じた安心のサポート

活動が社会に及ぼす影響

積水ハウス、積水ハウスリフォーム3社、積和建設18社が、入居後のお客様をアフターサポートしています。住宅履歴情報「いえろぐ」等も活用し、メンテナンス、リフォーム、リノベーション等の提案を行い、高品質の住まいを末永く、快適に利用していただけるよう努めており、お客様にも理解いただき、強固な顧客基盤を実現しています。

また、これにより、住宅の資産価値が高い水準で維持され、住まいが長寿命化することで、優良な社会ストックが蓄積されてきています。お客様満足を実現するとともに、社会ストックとしても価値の高い住宅の増加は、SDGsに示されている「持続可能性の高い都市の実現」(目標11)にもつながります。

リスクマネジメント

リスク①住宅の長寿命化による新築住宅市場の縮小
対応①国内の新築住宅市場における当社シェアは5.1%であり、まだまだ拡大の余地があります。良質な住宅の提供やアフターサポートの充実を通してブランド力を高め、シェアを広げていきます。
リスク②リフォーム市場の拡大に伴う競合の激化
対応②住宅履歴情報データベース「いえろぐ」に基づくタイムリーな提案や、新築市場での事業規模を生かしたコストパフォーマンスの高いリフォーム・リノベーション提案で、市場における差異化を図ります。
  • CSV戦略① 住宅のネット・ゼロ・エネルギー化
  • CSV戦略② 生物多様性の保全
  • バリューチェーンを通じた顧客価値の最大化
  • CSV戦略④ 住宅の長寿命化とアフターサポートの充実
  • CSV戦略⑤ ダイバーシティの推進
  • CSV戦略⑥ 海外への事業展開

ダウンロードライブラリ

Sustainability Report 2018

CSV(共有価値の創造)に向けた取り込み

  • エコ・ファーストの約束
  • ダイバーシティの推進
  • 従業員との共同寄付制度 積水ハウスマッチングプログラム
  • 天空美術館
  • エコ・ファーストパーク
  • 5本の樹野鳥ケータイ図鑑
  • 積水ハウスの公式Facebook
  • 積水ハウス50年史