本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

活動4:施工力の強化と工事力の最大活用に向けた取り組み

高品質な住まいづくり

基礎コンクリートの高寿命化技術「基礎高耐久化シート工法」

積水ハウスの住宅高寿命化技術の一つとしてすべての戸建住宅に対応できる「基礎高耐久化シート工法」を2015年に開発。建物床下側基礎表面にガスバリア性シートを長期間にわたって貼り付けておくことで、基礎コンクリートを高耐久化・高寿命化することができます。

「基礎高耐久化シート工法」は、粘着剤付きのシートを、専用の施工治具※1により建物床下側基礎コンクリート表面に貼り付け、長期間にわたり基礎を被覆する工法です。基礎表面をガスバリア性のシート※2で覆うことで、コンクリートの劣化要因である二酸化炭素の侵入を防ぎ、さらに、コンクリート中の水分を閉じ込めることで、乾燥収縮ひびわれの低減、長期間にわたる強度の増進を実現することができます。建物の基盤となる基礎を、より高耐久化させることで、お客様により永く住んでいただける安心の住まいを提供します。

  • ※1 正確かつ容易に施工することを可能にした特許取得治具
  • ※2 気体を遮断する樹脂製のシート

写真:専用治具による施工

専用治具による施工

写真:施工仕上がり状況

施工仕上がり状況

「基礎高耐久化シート工法」の三つのメリット

① コンクリートの緻密化
コンクリートは、水による水和反応により強度が増していきます。シートによって水分をコンクリート内部にとどめることで、組織の緻密化、強度アップにつながります。
② 中性化の抑制
シートには、ガスバリア効果があり、コンクリートの劣化現象である「中性化」の原因となる二酸化炭素の侵入を防ぎます。これによって、コンクリートの高寿命化を実現します。
③ 乾燥収縮の低減
コンクリートには、乾燥とともに縮む性質があります。乾燥を抑えることで、体積収縮することによるひびわれを抑制します。
  • CSV戦略① 住宅のネット・ゼロ・エネルギー化
  • CSV戦略② 生物多様性の保全
  • CSV戦略③ バリューチェーンを通じた顧客価値の最大化
  • CSV戦略④ アフターサポートの充実による住宅の長寿命化
  • CSV戦略⑤ ダイバーシティの推進
  • CSV戦略⑥ 海外への事業展開

ダウンロードライブラリ

Sustainability Report 2018

CSV(共有価値の創造)に向けた取り込み

  • エコ・ファーストの約束
  • ダイバーシティの推進
  • 従業員との共同寄付制度 積水ハウスマッチングプログラム
  • 天空美術館
  • エコ・ファーストパーク
  • 5本の樹野鳥ケータイ図鑑
  • 積水ハウスの公式Facebook
  • 積水ハウス50年史