本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

イメージ:環境

環境

資源循環型社会

  • 11:住み続けられるまちづくりを
  • 12:つくる責任つかう責任
  • 17:パートナーシップで目標を達成しよう

活動方針⑤
「プラスチック・スマート」の実践

プラスチック・スマート 施工現場のプラスチック回収100%、ペットボトル飲料の利用大幅削減

活動報告

ペットボトル37万本以上削減

ロゴマーク:プラスチック・スマート

当社では、事業過程の「ゼロエミッション」を達成していて、2019年度も施工現場のプラスチックは100%回収し、年間1万8974tのリサイクルを実現しています。

一方で、従業員一人ひとりの日々の行動からワンウェイプラスチック削減の意識を向上させるべく、2018年から環境省が海洋プラスチック問題の解決に向けて推進する「プラスチック・スマート〜 forSustainable Ocean〜」キャンペーンに参加し、

  • ① 社内の会議ではペットボトルを配布・持参せず、代わりに、 マイボトルや環境に配慮された紙コップを使用する
  • ② 社内設置の自動販売機からペットボトル飲料をなくすことに取り組んできました。

1年が経過し、結果検証を行ったところ、社内設置の自動販売機でのペットボトル飲料の販売本数(集計可能分)は、2018年:52万6485本、2019年:15万4212本と約7割に当たる37万本以上の削減を実現しました(熱中症対策等でペットボトル飲料が必要なケースもあるため、100%削減には至っていません)。

従業員からは、「マイボトルやマイカップ持参者が増え、環境に対する意識が高まり、廃プラ問題に関する会話が増えた」 などの意見が寄せられており、従業員の環境意識を高めることにもつながっています。

日本国内で消費されるペットボトル飲料は227億本(2016年度・PETボトルリサイクル推進協議会)であり、当社の取り組みによる削減量は些少ですが、今後も「プラスチック・スマート」に他企業やステークホルダーとともに取り組んでまいります。

  • すぐわかる積水ハウスのサステナビリティ

ダウンロードライブラリ

Sustainability Report 2020

〜ESG経営による持続的な成長に向けた価値創造の取り組み〜

  • エコ・ファーストの約束
  • ダイバーシティの推進
  • 従業員との共同寄付制度 積水ハウスマッチングプログラム
  • 天空美術館
  • エコ・ファーストパーク
  • 5本の樹野鳥ケータイ図鑑
  • 積水ハウスの公式Facebook
  • 積水ハウス50年史