本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

イメージ:環境

環境

資源循環型社会

  • 11:住み続けられるまちづくりを
  • 12:つくる責任つかう責任
  • 17:パートナーシップで目標を達成しよう

活動方針①
ライフサイクルを通じたゼロエミッションの実現

徹底したゼロエミッション 生産・施工・アフターメンテナンス時のゼロエミ100%の継続と深化

活動報告

ゼロエミ100%の継続と深化

大量の資源を使用する住宅産業において、基本的な構造躯体を自社の工場で生産する工業化住宅のシステムは、邸別生産システムと相まって資源生産性を高めるための有効なシステムとして機能してきました。当社は、これを踏まえて、2002年には工場ゼロエミッションを達成。2004年には廃棄物処理法の特例となる「広域認定制度」を申請、業界で初めて認定され、制度を最大限活用して新築施工現場(2005年)、アフターメンテナンス(2006年)、リフォーム施工現場(2007年)と、ゼロエミッションの範囲と精度を拡大してきました。2019年には子会社である積和建設全17社との広域認定制度の共同申請が認定されました。これは、積和建設が請け負う新築木造住宅のゼロエミッション導入を目的としたもので、循環型事業の完成に向けてグループ全体の資源循環体制をさらに強化することとなります。

  • ※1 産業廃棄物の単純焼却と埋め立て処分ゼロを内容とする
グループ連携による循環型ビジネスで住宅の長寿命化を実現

図:グループ連携による循環型ビジネスで住宅の長寿命化を実現

  • すぐわかる積水ハウスのサステナビリティ

ダウンロードライブラリ

Sustainability Report 2020

〜ESG経営による持続的な成長に向けた価値創造の取り組み〜

  • エコ・ファーストの約束
  • ダイバーシティの推進
  • 従業員との共同寄付制度 積水ハウスマッチングプログラム
  • 天空美術館
  • エコ・ファーストパーク
  • 5本の樹野鳥ケータイ図鑑
  • 積水ハウスの公式Facebook
  • 積水ハウス50年史