本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

CSV戦略⑥

海外への事業展開

住宅の枠を超え、環境技術とサステナブルな住環境の創造で、
世界の安全・安心・快適な暮らしと地球環境保全に貢献する

重要なステークホルダー:現地デベロッパー、海外のお客様

背景

先進的な環境技術や取り組みを、現地のニーズに合わせて事業化

世界各地で異常気象が発生しており、「地球温暖化」は世界共通のリスクであるという認識のもと、2016年に「パリ協定」が発効。気温上昇を止めなければ、事業環境が悪化し、企業活動そのものが成立しないという危機感が共有されました。全世界の温室効果ガス総排出量において建築部門の果たす役割が大きい中、日本の省エネルギー技術をはじめとする、地球環境と親和性が高い環境技術は、世界的にも高い水準にあるといえます。

また、地震大国の日本では、災害に強い住宅技術の開発が進められてきました。積水ハウスグループでは「生涯住宅」思想に基づき、耐震性能や断熱性能、ユニバーサルデザインなどをはじめとする優れた基本性能と先進の環境技術によって、安全・安心・快適な住まいづくりを実践しています。これらは、世界の国々が必要とする技術であるといえます。国内で培った先進的な技術や取り組みを現地で歓迎される事業にカスタマイズして提案・提供することで、世界の国・地域の発展や地球環境保全に貢献することができます。

アプローチ

目指す姿

「4つの価値」の視点から、各国の持続可能な発展に貢献

サステナブルな社会の実現に向け、「環境」「経済」「社会」「住まい手」という「4つの価値」の視点から住宅の価値を多角的にとらえ、それぞれの側面における価値向上に努めています。常にお客様の暮らしを考え、「お客様第一」の企業姿勢を生かして、当該国や地域の方々の財産となる開発(サステナブル・デベロップメント)を進めていきます。

海外での事業展開に当たっては、各国・各地域の気候風土や文化、ライフスタイルをしっかりと研究し、求められるサステナブルな住まいやまちのあり方を理解した上で、「変わらない」住まいの普遍的価値を大切にしながら、「変わりゆく」時代の要請に先進の技術で応えていきます。これからも上質で安全・安心・快適な暮らしをグローバルに提案し、「4つの価値」を創造することで、それぞれの国の持続可能な発展に貢献していきます。

図:暮らしで、世界を変えていく

活動方針

国内で培った環境技術を基盤に、積水ハウス品質をグローバル展開する

各国の文化や生活習慣に応じた快適性と経済性・環境配慮を両立させた、お客様満足度の高い住宅の提供を目指します。特に、CO2排出量とエネルギーの有効利用に貢献する環境技術や、「5本の樹」計画など生態系に配慮したまちづくりの視点から、事業機会の拡大を図ります。また、現地の優良パートナーと信頼関係を築くとともに、積水ハウスの理念・思想を理解した優秀な現地人材を育てることで「事業の現地化」をグローバルに展開していきます。

アメリカ

写真:ロサンゼルスの「スプリングストリート」

ロサンゼルスの「スプリングストリート」

現地の優良パートナーとの提携により、「居住用不動産(コミュニティ)事業」と「都市型賃貸住宅(マルチファミリー)事業」の2事業を展開。現地ニーズに対応しつつ積水ハウスの思想を織り込んだ開発を進めています。2017年からは新たな事業領域として、住宅販売事業にも参入します。

オーストラリア

写真:シドニー郊外の「ジ・アドレス」サバンナ棟

シドニー郊外の「ジ・アドレス」サバンナ棟

現地の環境や文化に適応したマンション・宅地開発事業、戸建住宅建設事業を展開。3000戸以上の販売実績があるシドニー湾周辺エリアでは、約8000戸の大型複合都市開発を推進中です。すべてのプロジェクトにおいて高いレベルのお客様満足度を実現し、持続的成長につなげていきます。

中国

写真:無錫の「裕沁湖畔庭」

無錫の「裕沁湖畔庭」

上海の周辺都市である太倉・蘇州・無錫と、東北部の瀋陽において「裕沁(ユーチン)」ブランドで低層住宅およびマンション事業を展開。日本で培った高品質施工、環境技術、アフターサービス体制といった差異化要素をより深化させ、さらなるブランド浸透を目指していきます。

シンガポール

写真:プンゴルの「ウォータータウン」商業施設

プンゴルの「ウォータータウン」商業施設

現地の大手デベロッパーと共同で、コンドミニアム開発を中心とした分譲住宅や商業施設を含む複合開発などのプロジェクトを推進。また、分譲オフィスの開発プロジェクトも進行中です。積水ハウスの思想を現地パートナーと共有することで、現地に新しい価値を提案していきます。

活動が社会に及ぼす影響

 日本で培った強みを生かし、国や地域の実情を踏まえたまちづくりを展開することで、現地の住環境改善や地球環境保全に貢献できます。住まい手にとって高付加価値な住環境を提供するだけでなく、社会や地域にも価値を創造する当社グループの事業活動は、それぞれの地域で高い評価を受け、日本国内での当社グループのブランド価値向上にもつながります。

リスクマネジメント

リスク①日本とは異なる多様な現地ニーズ
対応①現地の優良なパートナー企業と提携するなど、各地域のニーズの把握に努めています。積水ハウスの思想・価値観を共有した現地パートナーと、共通の理念と問題意識のもとで各開発プロジェクトを進めています。
リスク②各国の法律や規制、政情への対応
対応②事業を展開する、すべての国・地域で法規制を遵守すべく、グローバルでのコンプライアンス体制を強化するとともに、現地での環境に配慮した調達・製造・施工にも注力します。また、海外出張者や駐在員向けの危機管理マニュアルの運用に加え、出張者や駐在員が在籍する事業所長向けに「積水ハウスグループ海外危機管理ガイドライン」を策定しています。
リスク③海外子会社のマネジメント
対応③海外子会社の自主性を生かしつつ、各国の専門家と国際事業部が協働して統制を図るとともに、本社組織として海外内部統制推進室を設置し、現地に赴いて研修を実施するなど、取り組み内容のレベルアップを図っています。
  • CSV戦略① 住宅のネット・ゼロ・エネルギー化
  • CSV戦略② 生物多様性の保全
  • CSV戦略③ 生産・施工品質の維持・向上
  • CSV戦略④ 住宅の長寿命化とアフターサポートの充実
  • CSV戦略⑤ ダイバーシティの推進
  • CSV戦略⑥ 海外への事業展開

ダウンロードライブラリ

Sustainability Report 2017

CSV(共有価値の創造)に向けた取り込み

  • エコ・ファーストの約束
  • ダイバーシティの推進
  • 従業員との共同寄付制度 積水ハウスマッチングプログラム
  • 天空美術館
  • エコ・ファーストパーク
  • 5本の樹野鳥ケータイ図鑑
  • 積水ハウスの公式Facebook
  • 積水ハウス50年史