本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

CSRマネジメント

CSR推進体制

「4つの価値」と「13の指針」に基づくCSRマネジメント

CS・ES・SSの三位一体の向上に向けて、2005年に「サステナブル・ビジョン」を宣言し、その実現のため、行動指針となる「4つの価値」と「13の指針」に基づいて方向性を定めました。 この「4つの価値」と「13の指針」は、国際的な「持続可能性」の定義を踏まえており、2015年の国連サミットで採択された持続可能な開発目標「SDGs」とも整合しています。

「4つの価値」と「13の指針」

図:「4つの価値」と「13の指針」

下表は、積水ハウスの「サステナブル・ビジョン」を実現するための行動指針である「4つの価値」と「13の指針」と「SDGs」の関係性を示しています。今後も「4つの価値」と「13の指針」に基づく活動を推進していきます。

「4つの価値」と「13の指針」とSDGsの関係

積水ハウスの「4つの価値」と「13の指針」 該当するSDGs
価値 指針 内容
環境価値 エネルギー 化石燃料に依存しないエネルギー利用の実現

7. エネルギーをみんなに、そしてクリーンに12. つくる責任つかう責任13. 気候変動に具体的な対策を
15. 陸の豊かさも守ろう

14. 海の豊かさを守ろう

資源 自然生態系の再生能力を超えない資源の利用
化学物質 自然界に異質で分解困難な物質の濃度を増やしつづけない
生態系 自然の循環と多様性が守られるよう配慮する
経済価値 知恵と技 「サステナブル」な価値を創造する知恵と技術の蓄積

12. つくる責任つかう責任

5. ジェンダー平等を実現しよう8. 働きがいも経済成長も9. 産業と技術革新の基盤をつくろう

地域経済 地域経済の活性化
適正利益と社会還元 適正な企業利益の追求と社会への還元
社会価値 共存共栄 社会のさまざまな関係者との信頼と共感に基づく共存共栄の関係の構築

11. 住み続けられるまちづくりを

4. 質の高い教育をみんなに5. ジェンダー平等を実現しよう8. 働きがいも経済成長も
9. 産業と技術革新の基盤をつくろう17. パートナーシップで目標を達成しよう

地域文化と縁起こし 地域文化の継承・醸成とコミュニティ育成
人材づくり 「サステナブル」な価値を創出する人材づくり
住まい手価値 永続性 末永く愛され、時とともに値打ちを高める住まいづくり

3. すべての人に保健と福祉を7. エネルギーをみんなに、そしてクリーンに11. 住み続けられるまちづくりを
13. 気候変動に具体的な対策を

6. 安全な水とトイレを世界中に

快適さ 穏やか、健やかで快適な暮らしの提供
豊かさ 永きにわたる豊かさの提供

ダウンロードライブラリ

Sustainability Report 2018

CSV(共有価値の創造)に向けた取り込み

  • エコ・ファーストの約束
  • ダイバーシティの推進
  • 従業員との共同寄付制度 積水ハウスマッチングプログラム
  • 天空美術館
  • エコ・ファーストパーク
  • 5本の樹野鳥ケータイ図鑑
  • 積水ハウスの公式Facebook
  • 積水ハウス50年史