本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

イメージ:環境

環境

脱炭素社会

環境性能の高い住まいが快適・健康な暮らしを実現し、CO2排出量も大幅に削減
省エネ取り組みの強化と再生可能エネルギーの活用により脱炭素社会の実現を目指します

重要なステークホルダー:
お客様・取引先(設備メーカー等)・エネルギー供給会社

進捗状況

「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)」の普及拡大

活動報告

「グリーンファースト ゼロ」の普及推進

戸建住宅ZEH「グリーンファースト ゼロ」の普及促進に努めています。2013年の発売以来、展示場や「住まいの夢工場」などでの見学会やセミナーの定期開催など、さまざまな活動を通して「グリーンファースト ゼロ」のメリットを訴求することで、当社の戸建請負住宅におけるZEH比率は年々高まっており、ZEHの累積棟数も4万4247棟(2019年3月末時点)と日本最多になっています。お客様の評価も高く、住まい心地満足度、総合満足度とも9割を超える方から高評価をいただいています。

2018年度も「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業」の補助金利用を含め、お客様への積極的な提案活動を推進した結果、ZEH比率は前年から3ポイント増加して79%となりました。今後もお客様からの確かな信頼を得ながら「グリーンファースト ゼロ」の一層の普及を目指していきます。

「グリーンファースト ゼロ」の概要

高い断熱性と省エネ設備に加え、太陽光発電システムなどの創エネ設備により、エネルギー収支「ゼロ」を目指します。

図:「グリーンファースト ゼロ」の概要

「グリーンファースト ゼロ」(ZEH)の進捗状況

図:「グリーンファースト ゼロ」(ZEH)の進捗状況

「グリーンファースト」戦略によるCO2排出削減実績

図:「グリーンファースト」戦略によるCO2排出削減実績

※ 当社推計値(1990年比)

賃貸住宅「シャーメゾン」でもZEHを推進

建て方別のCO2排出量の約3割は、集合住宅から排出されています。パリ協定の約束遵守を目指す当社は、戸建住宅(グリーンファースト ゼロ)に加えて、集合住宅のZEH化を開始しています。

当社の賃貸住宅ブランド「シャーメゾン」では、2018年1月に全住戸が「ZEH」基準を満たす日本初の賃貸住宅を石川県金沢市で竣工しました。その後も太陽光発電システムで発電した電気を入居者が使えるタイプのZEH住戸を中心として日本各地に建設し、2019年3月末時点で「ZEH-M」の実績は累計45棟となりました。

  • ※ 「ZEH-M」とは、共用部まで含めた住棟全体を対象とした集合住宅ZEHの呼称。分譲マンションの実績も含む

写真:賃貸住宅「シャーメゾン」でもZEHを推進

日本初の「全住戸ZEH分譲マンション」が竣工

分譲マンションにおいてもZEH化を推進しています。2019年2月、日本で初めてとなる全住戸がZEH基準を満たす分譲マンション「グランドメゾン覚王山菊坂町」(名古屋市)が竣工しました。

外壁には一般の倍近い厚さの発泡系断熱材、開口部にはアルミ・樹脂複合サッシ+アルゴンガス封入複層ガラスを採用することで、住戸単位の断熱性能を約1.4〜1.5倍に高めました。さらに、燃料電池や節湯水栓、断熱浴槽、LED照明などの省エネ機器を採用することで極力省エネ性能を高めた上で、住戸当たり平均4kW程度の太陽光発電を装備することでZEHを達成。これにより、日常時の快適で経済的な暮らしを実現します。

また、停電時には各戸の太陽光発電・燃料電池の発電する電気を使え、共用部の防災倉庫には飲料水や自家発電機、災害用トイレなどを備える等、災害にも強い分譲マンションとなっています。

写真:日本初の「全住戸ZEH分譲マンション」が竣工

東北初 工業化住宅によるZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)を竣工

2018年9月宮城県仙台市に、東北で初となるNearly ZEB基準を満たす事務所ビル「積和建設東北株式会社新社屋」を竣工しました。

ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)とは、建築設計による負荷抑制、高効率設備の導入等により室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネ化を実現した上で、再生可能エネルギーにより年間の一次エネルギー消費量の収支ゼロを目指した建築物です。本社屋では高断熱、高効率空調・照明設備、BEMS(Building Energy ManagementSystem)、および大容量太陽光発電システム(66.2kW)によりこれを実現しました。また、構造躯体には当社オリジナルの重量鉄骨梁勝ちラーメン構法「フレキシブルβシステム」を採用することで約4.5カ月という短工期で建設しました。

当社は工業化住宅で長年培った数々の強みと、ZEH分野で蓄積した技術・ノウハウを生かし、ZEBの普及にも取り組んでまいります。

  • ※ 「Nearly ZEB」とはZEBランクの一つで、年間の一次エネルギー消費量を75%以上削減した建築物を指します

写真:東北初 工業化住宅によるZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)を竣工

主要指標の実績(KPI)

指標単位2014年度2015年度2016年度2017年度2018年度定義
「グリーンファーストゼロ」比率%6271747679当社戸建住宅における比率(北海道を除く)
1990年比年間CO2排出削減量t-CO243,01541,59941,87741,68140,2901990年における新築戸建住宅居住時のCO2排出量と比較した場合の年間CO2削減量および削減割合
1990年比年間CO2排出削減率%73.475.580.183.682.6

評価

2018年度の「グリーンファースト ゼロ」比率は79%となり、2020年度目標である80%に向け、順調に普及が進んでいます。また、ZEHで培った経験や工業化住宅の強みを生かし、賃貸住宅と分譲マンションのZEH化を推進するとともに、ZEBの取り組みを開始しました。

今後の取り組み

快適性・経済性・環境配慮を実現する「グリーンファースト ゼロ」の戸建住宅における販売比率を2020年度までに80%となるよう普及に取り組みます。さらに低層賃貸住宅「シャーメゾン」や分譲マンション「グランドメゾン」のZEH化と、既存住宅(リフォーム)の「省エネ・創エネ」化、非住宅建築物のZEB化をさらに進め、脱炭素化を目指します。

ダウンロードライブラリ

Sustainability Report 2019

~ESG経営による持続的な成長に向けた価値創造の取り組み~

  • エコ・ファーストの約束
  • ダイバーシティの推進
  • 従業員との共同寄付制度 積水ハウスマッチングプログラム
  • 天空美術館
  • エコ・ファーストパーク
  • 5本の樹野鳥ケータイ図鑑
  • 積水ハウスの公式Facebook
  • 積水ハウス50年史