本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

環境

人と自然の共生社会

「企業の森」制度への参加をはじめとする森林保全活動

和歌山県「企業の森」事業に参画し、取り組み10年を経て、同じ田辺市中辺路町にて新たに「積水ハウスの森」を開始し、「5本の樹」計画に考慮した森林保全活動を継続しています。また、「東京グリーンシップ・アクション」八王子滝山地域および大谷地域の里山保全活動へも継続参加しています。

和歌山県「積水ハウスの森」第2期(3年目)

積水ハウスは、2006年から「企業の森」事業に参画し、森林環境保全活動に取り組んでいます。これは、和歌山県が推進する環境貢献に関心の高い企業が県内の自然を活用して地域の方々と共に取り組む活動です。

2015年、10年の節目を迎え、「積水ハウスの森」での森林保全活動により森が十分成長してきたため、管理を森林組合に引き継ぎ、2016年秋の活動から、今までの活動地から約10㎞東方に移動し、世界遺産・熊野古道に近接した場所(1.6 ha)で第2期目をスタートしました。

87人が参加した2018年春の活動は、作業用の歩道修理、鹿の食害から苗木を守るための周囲のネット修理、時期的に大量に出てきた下草刈りなどの作業に加え、前の年の秋にできなかった補植や施肥も行いました。秋の活動は、2018年も、雨のため現場での作業は中止となりましたが、集まってくれた参加者のために、森林組合の方々が、地元で採れたつるや緑の葉、木の実を使ったクリスマスリースづくりを企画してくださり、地元の方々とのコミュニケーションを図りました。

今後も春・秋の2回、新たな植樹や補植、下草刈り、肥料やりなどの作業を行い、豊かな森を次世代に伝える「積水ハウスの森」の整備に取り組んでいきます。なお、2018年秋の活動を終え、参加人数は延べ1732人となりました。

写真:集合写真

集合写真

写真:下草刈り

下草刈り

写真:作業場所

作業場所

写真:歩道修理

歩道修理

  • ※ 企業が地元の森林所有者の伐採地を借り、植樹や下草刈りに参加することで、十分な手入れが行われない放置森林や荒廃森林の増加を防ぐために、森林保全を目指す制度。特に和歌山県では、森林の豊かな土地で、日常的な管理を地域の森林組合に委託することで、地域活性化や雇用支援にもつながる取り組みとして、県が積極的にコーディネートし、取り組んでいます。

「東京グリーンシップ・アクション」八王子滝山・八王子大谷地域里山保全活動へ継続参加

2018年も6月と11月の2回にわたり、東京営業本部内7支店(東京北、東京西、東京南、東京中央、多摩、武蔵野、東京シャーウッド)が合同し、「東京グリーンシップ・アクション」八王子滝山地域および大谷地域の里山保全活動に参加。今回で合計8回となりました。

「東京グリーンシップ・アクション」とは、東京都条例に基づき、都内に残る貴重な自然地を守るために、東京都、NPO、企業が連携して行う自然環境保全活動です。

活動場所は、東京都八王子市北部に位置する4ヘクタールの保全地域で、当初は長年の管理不足によるアズマネザサの繁茂や外来種の侵入などが見られました。良好な里山環境を取り戻すため、多様な生き物の生息空間に配慮しながら、ササの伐採、倒木処理、池づくりを行ってまいりました。また、昨年からは放棄された水田を復活させ、2018年で4度目の収穫となりました。来年はさらに水田面積を増やし、水路周辺の環境を整え、里山の代表的な生き物であるホタル(ゲンジボタル、ヘイケボタルの2種)の生息数を増やしていく予定です。

「エコ・ファースト」の約束の一つである「生態系ネットワークの復活」の具体的な取り組みとして、今後も社会や未来のために活動を継続します。

写真:八王子滝山保全活動参加者の集合写真

八王子滝山保全活動参加者の集合写真

写真:作業の様子

作業の様子

ダウンロードライブラリ

Sustainability Report 2019

~ESG経営による持続的な成長に向けた価値創造の取り組み~

  • エコ・ファーストの約束
  • ダイバーシティの推進
  • 従業員との共同寄付制度 積水ハウスマッチングプログラム
  • 天空美術館
  • エコ・ファーストパーク
  • 5本の樹野鳥ケータイ図鑑
  • 積水ハウスの公式Facebook
  • 積水ハウス50年史