本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

環境

事務所で取り組むCO2排出削減

テレマティクスを活用したエコ安全ドライブの推進

積水ハウスグループでは、業務用車両にテレマティクス(通信機能を備えた車載機)を取り付け、危険運転挙動を把握し、社員の安全運転教育やエコドライブの意識向上に取り組んでいます。交通事故・違反が減少し、燃費向上により最近の4年間で18.1%のCO2削減を達成しています。

業務用車両から排出されるCO2を削減

当社グループでは、業務用車両へのテレマティクス(通信機能を備えた車載機)の取り付けを2011年に開始。テレマティクスを利用した安全運転教育によって、CO2削減と交通事故・違反の防止、エコドライブの意識向上を図っています。この運用とマネジメントにより、運転挙動が改善され、事故・違反の減少だけでなく、燃費向上によるCO2排出量の削減にもつなげており、最近の4年間で18.1%のCO2削減を達成しています。

このうち、積水ハウス(単社)は業務用車両を全国で6265台保有しています(2018年1月31日時点)。2014年にはテレマティクスの全車への取り付けをいちはやく完了し、運用マネジメントを徹底。この結果、最近の4年間でグループベースを上回る20.4%のCO2排出削減となりました。

一方、積和建設、積和不動産、積水ハウスリフォーム等の当社グループ関係会社は、業務用車両を全国で5463台保有しています(2018年1月31日時点)。既に、これらの車両の約9割にテレマティクスを取り付けており、全車への取り付けにより、一層のCO2排出削減を目指しています。

グラフ

テレマティクスの仕組み(例:e-テレマ)

図:テレマティクスの仕組み(例:e-テレマ)

低排出ガス車両と低燃費車両の推移

当社における2017年度の業務用車両に占める低排出ガス車両※1の割合は、96.0%(前年比0.4ポイント増)。低燃費車両※2の割合は、98.3%(前年比0.6ポイント増)となりました。

  • ※1 低排出ガス車両:国土交通省により定められた平成17年以降の排出ガス基準50%低減を達成している車両。
  • ※2 低燃費車両:「エネルギーの使用の合理化に関する法律」(省エネ法)に基づいて定められた平成22年以降の燃費基準を達成している車両。

低排出ガス車両台数推移

グラフ:低排出ガス車両台数推移

低燃費車両台数推移

グラフ:低燃費車両台数推移

ダウンロードライブラリ

Sustainability Report 2018

CSV(共有価値の創造)に向けた取り込み

  • エコ・ファーストの約束
  • ダイバーシティの推進
  • 従業員との共同寄付制度 積水ハウスマッチングプログラム
  • 天空美術館
  • エコ・ファーストパーク
  • 5本の樹野鳥ケータイ図鑑
  • 積水ハウスの公式Facebook
  • 積水ハウス50年史