本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

環境

輸送時のCO2排出削減の取り組み

エコシップ・モーダルシフト事業の取り組み

ハブ化物流による効率的輸送、船便や鉄道便によるモーダルシフト活用、「増トン車」の利用等により輸送効率の向上に努めています。2017年7月には「エコシップ・モーダルシフト事業 優良事業者」の認定を受けました。

エコシップ・モーダルシフト事業の取り組み

ロゴ:エコシップマーク

積水ハウスは、地球温暖化防止の観点から、トラック便が主流の輸送形態を環境負荷の少ない輸送のあり方へ変える動きとして、鉄道便や船便を活用するモーダルシフトの取り組みにも注力しています。

2017年7月、当社は「エコシップ・モーダルシフト事業 優良事業者」の認定を受け、国土交通省海事局長賞を受賞しました。地球環境にやさしい海上輸送を積極的に活用することにより、環境負荷の低減に特に貢献した優良事業者を対象に、授与するものです。

静岡工場から山口工場への貨物(外壁材・鉄骨部材等)の輸送に当たり、御前崎港(静岡県)~苅田港(福岡県)間のRORO船航路を利用することにより、海上輸送へのモーダルシフトを2015年から実施してきました。これにより、当該年間輸送量の52.2%に当たる約172万トンキロを海上輸送で賄い、CO2発生量の22.7%削減を達成したこと等が評価されました。

  • ※ RORO船(ローローせん)とは、カーフェリーのように船と港の岸壁とを結ぶランプウェイを持ち、車両を自走で積み下ろすことができる貨物船で、一般の旅客と乗用車の乗船は行いません。

写真:苅田港に着岸のRORO船

苅田港に着岸のRORO船

写真:RORO船からのトラック便の下船(苅田港)

RORO船からのトラック便の下船(苅田港)

ダウンロードライブラリ

Sustainability Report 2018

CSV(共有価値の創造)に向けた取り込み

  • エコ・ファーストの約束
  • ダイバーシティの推進
  • 従業員との共同寄付制度 積水ハウスマッチングプログラム
  • 天空美術館
  • エコ・ファーストパーク
  • 5本の樹野鳥ケータイ図鑑
  • 積水ハウスの公式Facebook
  • 積水ハウス50年史