本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

CSV戦略⑤

CSV戦略⑤

ダイバーシティの推進と人材育成

多様化するニーズへの敏感な反応、独創的な発想で
高付加価値を生み出す「サステナブルな企業集団」を目指す

重要なステークホルダー:お客様、従業員、投資家、学生、求職者

進捗状況

2. 「人間性豊かなプロフェッショナル」の育成

積水ハウスグループでは「人間性豊かなプロフェッショナル」の育成を目指し、営業・技術・総務などの職務別および入社年次・年齢などの階層別に、各種研修を体系的に実施しています。

2017年度は「技術職(設計職、現場監督職)」などの取り組みを強化しました。

設計職の人材育成体系図

図:設計職の人材育成体系図

活動報告

設計・現場監督の業務を「量」「質」の両面で見える化し、評価基準を明確化

住宅の品質向上に伴って、市場・顧客ニーズが多様化・複雑化する中、住宅の設計者や建築現場の責任者には、さまざまな状況に対応できる柔軟性と、より高度な専門性が求められています。しかしながら従来、社内には設計職や現場監督職の能力に関する客観的かつ統一的な指標が存在しませんでした。そのため、従業員にとっては「将来のビジョンや目標が定めにくく、成長を実感できない」ことが、組織にとっては「人材育成の方向や、エリア戦略における適正な人材配置が難しい」ことが課題でした。

これらの課題を解決すべく、2017年、設計業務・現場監督業務に関する全国統一の評価基準を作成しました。出荷金額・棟数、標準業務時間などの「量」と、コンプライアンス、保有資格、お客様満足度などの「質」の二つの軸によって設計職・現場監督職の業務を「見える化」し、客観的な評価が行えるようにしました。このたびの改革を各従業員の成長につなげるとともに、各組織での効果的な人材育成や適正な人材配置、グループ間の連携強化などに生かしていきます。

超高齢社会に対応した事業の拡大に貢献する「プラチナスペシャリスト」

「プラチナスペシャリスト」は、専門性の高い設計分野における品質の向上や人材の育成を目的に、2015年に新設した社内認定資格制度の一つです。超高齢社会の日本において、医療・介護施設の需要は年々高まっており、当社グループのプラチナ事業も順調に業績を伸ばしています。

同制度を通して、医療・介護分野の高度な知識を有し、特殊建築物の法規や設備に精通した設計者を育成し、市場のニーズに的確に対応していきます。2018年1月末時点で33人の「プラチナスペシャリスト」が活躍。各エリアにおけるプラチナ事業推進の中心的役割を担っています。

VOICE

写真:北関東シャーメゾン支店 医療介護設計企画課 田中 慎一郎

北関東シャーメゾン支店
医療介護設計企画課
田中 慎一郎

社会的意義が大きいプラチナ事業を
さらに拡大していきたい

プラチナ事業を担当して6年が経ちました。さまざまな苦労がありましたが、社内外のサポートを受けて、乗り越えることができました。今後の需要増加において、後進の育成も欠かせません。この事業の社会的意義への共感を深め、さらなる事業拡大を通して、社会に貢献していきたいと思います。

合理的で安全性の高い構造計画を実現する「構造計画スペシャリスト」

2015年に新設した、設計職のもう一つの社内認定資格制度が「構造計画スペシャリスト」です。住まいに対するニーズの多様化に伴い、環境面や安全面などについて住宅に求められる性能レベルは年々高まっています。「構造計画スペシャリスト」制度は、性能レベルを安定的に確保しやすい工業化住宅においても、設計基準や構造計画、地盤判定などに関する、より高度で専門的な知識・スキルが必要となったことから、専門資格として定めたものです。

認定者は、安全性・経済性の高い構造計画を実現するとともに、事業所全体のお客様満足度アップに向けて指導的な役割を果たします。2018年1月末時点で53人の認定者が活躍しています。

「カスタマーサポート・マイスター(CSマイスター)制度」を新設

全国のカスタマーズセンターにおいて、アフターサービス担当の専任スタッフが住まいの定期点検や補修、生活に役立つ情報の提供など、お引き渡し後のお客様のさまざまな要望に応え、暮らしをサポートしています。

「カスタマーサポート・マイスター(CSマイスター)制度」は、お客様満足度をさらに高め、積水ハウスを支持してくださるお客様を増やしていくことを目指し、2017年に創設しました。アフターサービス社員の範を示すことで、優秀な社員の育成とカスタマーズセンター全体のお客様満足向上につなげていきます。2017年度は、お客様サポートに卓越し、高いスキルと正確な知識で主導的に業務を遂行する29人が「CSマイスター」に認定されました。

VOICE

写真:四国カスタマーズセンター お客様サービス課 石川 洋

四国カスタマーズセンター
お客様サービス課
石川 洋

お客様と長期にわたる
良好な関係を築いていきたい

「CSマイスター」として、お客様のお宅の定期点検を担当しています。お客様のお宅を訪問し、住まいに関するお困り事をヒアリングした上で修繕にあたるのですが、その際に、こちらから提案することを大切にしています。また、点検は1年、2年、5年、10年のスパンで実施するため、長期にわたってお客様と良い関係を構築できるよう努めています。

主要指標の実績(KPI)

指標 単位 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 定義
1人当たり年間平均研修時間※1 時間 18.9 22.9 21.0 19.7 18.1 本社主催研修のみ。
(2017年度の内訳:男性平均16.7、女性平均23.5)
研修投資額 万円 64,917 69,202 73,425 70,368 87,312 教育研修費として費用計上している金額の合計
資格を取得した人数※2 4,596 4,544 6,427 4,332 3,064 社内資格を含む
  • ※1・2 積水ハウス単体
  • ※2 各年度内に取得した資格の総数(1人の従業員が年度内に三つの資格を取得した場合「3」とカウント)。
    2015年度の人数が突出しているのは、期間限定の支援金制度などにより、一部の資格の取得を推進したため
  • CSV戦略① 住宅のネット・ゼロ・エネルギー化
  • CSV戦略② 生物多様性の保全
  • バリューチェーンを通じた顧客価値の最大化
  • CSV戦略④ 住宅の長寿命化とアフターサポートの充実
  • CSV戦略⑤ ダイバーシティの推進
  • CSV戦略⑥ 海外への事業展開

ダウンロードライブラリ

Sustainability Report 2018

CSV(共有価値の創造)に向けた取り込み

  • エコ・ファーストの約束
  • ダイバーシティの推進
  • 従業員との共同寄付制度 積水ハウスマッチングプログラム
  • 天空美術館
  • エコ・ファーストパーク
  • 5本の樹野鳥ケータイ図鑑
  • 積水ハウスの公式Facebook
  • 積水ハウス50年史