本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

活動1:ダイバーシティの推進

子育てと仕事の両立支援

次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画

2007年、2009年、2012年、2015年に「次世代育成へ積極的に取り組む企業」として厚生労働省から4度の認定を受けています。2018年2月1日から2021年1月31日までを第6期行動計画期間として、新たな目標を設定し、子育てと仕事の両立を支援しています。

認定マーク『くるみん』

日本で急速に進行する少子化を背景に、次世代を担う子どもたちが健やかに生まれ、育成される環境を官民一体で整備するため、2005年4月、「次世代育成支援対策推進法」が施行されました。積水ハウスでは同法に基づき、行動計画を策定し、社内制度の改定や育児休業の取得促進などに取り組んでいます。その結果、2007年、2009年、2012年、2015年に「次世代育成へ積極的に取り組む企業」として厚生労働省より4度の認定を受けています。

2018年2月1日から2021年1月31日までを第6期行動計画期間として、新たな目標を設定し、子育てと仕事の両立を支援しており、下表のように四つの目標を掲げて取り組んでいます。

第6期行動計画期間(2018年2月1日~2021年1月31日)の目標と取り組み

目標 取り組み
女性の管理職候補者層を対象として管理職に必要な能力開発を行う
  • 女性の管理職候補者に対する研修実施とその後のフォロー(2018年2月~)
育児中・妊娠中の社員に対する両立支援
  • フォーラムの実施により、育児者、その上司、社内に夫がいる場合は夫とペアで参加してもらい、制度等の周知をする(2018年6月~)
テレワークによる場所にとらわれない働き方の推進・導入
  • 育児や介護以外の理由での在宅勤務、モバイルワーク、サテライトをはじめとするテレワークを可能にする(2018年2月~)
  • CSV戦略① 住宅のネット・ゼロ・エネルギー化
  • CSV戦略② 生物多様性の保全
  • CSV戦略③ 生産・施工品質の維持・向上
  • CSV戦略④ 住宅の長寿命化とアフターサポートの充実
  • CSV戦略⑤ ダイバーシティの推進
  • CSV戦略⑥ 海外への事業展開

ダウンロードライブラリ

Sustainability Report 2017

CSV(共有価値の創造)に向けた取り込み

  • エコ・ファーストの約束
  • ダイバーシティの推進
  • 従業員との共同寄付制度 積水ハウスマッチングプログラム
  • 天空美術館
  • エコ・ファーストパーク
  • 5本の樹野鳥ケータイ図鑑
  • 積水ハウスの公式Facebook
  • 積水ハウス50年史