本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

活動1:ダイバーシティの推進

人事基本方針

積水ハウスグループでは、2006年に発表した人事基本方針「人材サステナビリティ」に基づき、すべての従業員にとって働きがいのある職場づくりに向け、さまざまな施策を進めています。女性活躍をはじめダイバーシティを推進するための取り組みは、社外からも評価されています。

「人材サステナビリティ」宣言

2006年3月、人事基本方針として「人材サステナビリティ」を宣言しました。「女性活躍の推進」「多様な働き方、ワーク・ライフ・バランスの推進」「多様な人材の活用」を三つの柱として、従業員にとって働きがいのある職場づくりに向けた施策を推進するとともに、従業員と企業が共に持続可能な成長を実現することができる環境や仕組みをつくり、社会に対して価値を提供し続けることを目指すものです。同年設置した「女性活躍推進グループ」を、2014年2月に「ダイバーシティ推進室」に改組(2018年4月から「ダイバーシティ推進部」)。女性従業員の活躍推進のみならず、多様な人材の活躍を支援すべく取り組みを進めています。

また、すべての従業員に公平に活躍の場を提供する「キャリアアップ・チャレンジ制度」、多様な働き方を可能にする人事制度の整備などにより、仕事と家庭を両立させ、能力や活力を最大限に発揮できる職場づくりに取り組んでいます。

経営ビジョンと「人材サステナビリティ」宣言

2004年10月、中期経営ビジョン「S-Project」において、CS(お客様満足)・ES(従業員満足)・SS(株主様満足)の三位一体の向上を目指し、CSRを経営の基本として、すべてのステークホルダーに対して誠実に責任を果たすことを宣言しました。

その後、本格的な少子高齢社会を背景に、従業員が仕事と家庭を両立させ、多様な働き方・生き方を実現できる職場環境を整備することが、企業の果たすべき社会的責任の一つであると考え、「人材サステナビリティ」を宣言しました。

「女性が輝く先進企業表彰」で「内閣府特命担当大臣賞」を受賞

ロゴ:女性が輝く先進企業

2017年12月、内閣府男女共同参画局の「女性が輝く先進企業表彰」で「内閣府特命担当大臣賞」を受賞しました。建設業界では初めての受賞です。

積水ハウスグループが経営戦略として女性活躍をはじめとした人材戦略を実施していること、女性用仮設トイレの開発・商品化などを通じて現場環境を改善し、建設業界全体における女性の進出をけん引していること、グループ全体で女性役員・女性管理職の登用に取り組んでいること、両立支援としてIT技術を活用した働き方改革を推進していることなどが評価されたものです。

内閣府支援「『輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会』行動宣言」に賛同

ロゴ:「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」

2018年1月、積水ハウス株式会社 代表取締役社長(2018年2月1日付で代表取締役会長に就任) 阿部俊則は、内閣府男女共同参画局が支援する「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」の行動宣言に賛同しました。これは、組織のトップを務める男性リーダーが、さまざまな女性の意欲を高め、持てる能力を最大限発揮できるよう、「自ら行動し、発信する」「現状を打破する」「ネットワーキングを進める」ことを宣言するものです。

今後も、女性が生き生きと活躍できる環境の整備を一層推進します。

ダイバーシティ経営推進企業として「新・ダイバーシティ経営企業100選」に選定

ロゴ:「新・ダイバーシティ経営企業100選」

2017年3月、経済産業省の「新・ダイバーシティ経営企業100選」に選定されました。これは、ダイバーシティ経営に取り組む企業のすそ野拡大を目的に、多様な人材の能力を生かし、価値創造につなげている企業を顕彰するものです。

積水ハウスグループにおけるIT活用による業務効率向上や働き方改革推進などの取り組みが評価されました。

女性活躍推進企業として「なでしこ銘柄」に選定

ロゴ:「なでしこ銘柄2018」

2018年3月、経済産業省・東京証券取引所の「なでしこ銘柄2018」に選定されました。住宅・建設業界では唯一5度目の選定となりました。

生活面で多くの経験を積んでいる女性は、住まいづくりを生業とする積水ハウスグループにとって、なくてはならない存在です。今後も、仕事と育児・介護等を両立させ、女性従業員が活躍できる機会の創出と環境の整備に取り組んでいきます。

「家族とキャリアのための時間デザイン ~仕事と育児の両立サポート~」が「キッズデザイン賞」を受賞

ロゴ:KIDS DESIGN AWARD 2017

2017年8月、「家族とキャリアのための時間デザイン ~仕事と育児の両立サポート~」がキッズデザイン協議会主催の「第11回キッズデザイン賞」(子どもたちを産み育てやすいデザイン部門)を受賞しました。

積水ハウスでは、従業員が多様な働き方ができ、家族(子ども)との時間をつくることができる環境や制度の整備、妊娠・出産・育児の経験を仕事に生かせる仕組みづくりに取り組んでいます。各種制度は男女共に活用できるため、夫婦で子育てできる環境づくりが可能となっており、男性の育児休業取得率や家事参加率も高まってきています。ライフスタイルやライフステージに合わせて柔軟に働き方を選択する「家族の時間デザイン」で仕事と育児を両立しながら、生活経験をキャリアに生かせる「キャリアの時間デザイン」を整えています。

厚生労働大臣「えるぼし認定」を取得

ロゴ:「えるぼし認定」

2018年1月、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」に基づく厚生労働大臣「えるぼし認定」を取得しました。これは、女性活躍推進の取り組みに関する評価項目について一定の基準を満たした優良な企業に対して厚生労働大臣から与えられるもので、評価項目として①採用、②継続就業、③労働時間等の働き方、④管理職比率、⑤多様なキャリアコースの5項目が設定されています。

当社はこのうち②以外の4項目で基準を満たしており、「えるぼし」の「認定段階2」を取得しました。

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が選定したESG指数「MSCI 日本株女性活躍指数(WIN)」構成銘柄に採用

ロゴ:「MSCI 日本株女性活躍指数(WIN)」

2017年7月、積水ハウスは年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)がパッシブ運用開始にあたり選定した三つのESG指数「FTSE Blossom Japan Index」「MSCI ジャパン ESG セレクト・リーダーズ指数」「MSCI 日本株女性活躍指数(WIN)」すべての構成銘柄に採用されました。このうち「MSCI 日本株女性活躍指数(WIN)」は、各業種において女性の管理職比率や採用比率などが高い企業で構成されています。

三つのESG指数すべてに選定された企業は66社(うち住宅メーカー2社)となっています。

「大阪市女性活躍リーディングカンパニー市長表彰」で最優秀賞を受賞

ロゴ:「大阪市女性活躍リーディングカンパニー」

積水ハウスは、大阪市が実施する「大阪市女性活躍リーディングカンパニー」の認証を受けています。2015年3月、認証企業の中から先進性に富む、あるいは地道な努力を続けている企業を表彰する「大阪市女性活躍リーディングカンパニー市長表彰」の最優秀賞を受賞しました。

当社が従来、女性の少ない業界にありながら、企業の対応力を高めるため「人材サステナビリティ」宣言で女性の活躍を推進する旨を示し、計画的に技術職・営業職等で女性従業員を登用するとともに、多様な働き方への対応に取り組んでいることが評価されたものです。

  • CSV戦略① 住宅のネット・ゼロ・エネルギー化
  • CSV戦略② 生物多様性の保全
  • バリューチェーンを通じた顧客価値の最大化
  • CSV戦略④ 住宅の長寿命化とアフターサポートの充実
  • CSV戦略⑤ ダイバーシティの推進
  • CSV戦略⑥ 海外への事業展開

ダウンロードライブラリ

Sustainability Report 2018

CSV(共有価値の創造)に向けた取り込み

  • エコ・ファーストの約束
  • ダイバーシティの推進
  • 従業員との共同寄付制度 積水ハウスマッチングプログラム
  • 天空美術館
  • エコ・ファーストパーク
  • 5本の樹野鳥ケータイ図鑑
  • 積水ハウスの公式Facebook
  • 積水ハウス50年史